プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
[ 山下俊行 ]

1969年生まれ。

【 Vital Energy Body Work 山下道場 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを
研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな

こころ と からだ をより良くまとめられるよう、

東洋の叡智を結集した身体と心の技術体系です。


からだ の状態をもって こころ の状態を導く


中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや整体・現代型ストレッチなどをとりいれたレッスン内容です。

 
リラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


循環機能するための、ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れるしなやかな強さ…生命根源の力が高まる」


これが主なセッションの目的となります。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:所感

「根気よく」という言葉があります。

「気」がなんちゃらだと特別わからなくても、私たち日本人は感覚的には良くわかってます。

その「気」という言葉は、私たちが無意識にも紡ぐ言葉のなかに、
実に多くも流れているエネルギーみたいなものです。


気にいる・気に入らない、雰囲気が良い、気が向く・気が向かない、エトセトラエトセトラ・・・

病気などは正に、「気が病む」と書くわけです。


気功はそれらなんとなく済ませてしまっているものを、いちどしっかりと意識化する作業と言えます。



「凝神定意 ぎょうしんていい」

「神」は精神・・・この場合は大脳の生理機能を指し、「意」は意識のこと

定意…何事も「意を定めて」行うこと・・・「決心」するということ。

それは気持ちの取り決め、気持ちのシステム。 心の装置と言えます。


「注意を払う」の注意とは

意を注ぐとありますものね。


注意をすれば そこに「気」は宿る




「根気」とは何か

私がエナジーボディーワークを教えるに当たって、とても重視する取り組みに「たんとう」という立ちかたがあります。


正にこの「根気」を養い

大地とアクセスし 天とつながる


こんこんと骨盤内の「内気」が発動し 身体には「空の体認」が生じ、

毛穴が開き 呼吸法に特に努めなくとも、 「自然と」身体全体で外界との呼吸が始まる。

命の力が躍り出す・・・

DSC_0088.jpg

花開くは「根」がしっかり育ってこそ

わたしたちの「根」はどうかな

IMG_20130221_085350.jpg

スポンサーサイト

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 ☯ Vital Energy Body Work 山下道場 all rights reserved.Powered by FC2ブログ