FC2ブログ

【 腰の硬さと膝の痛みの関係性 】

Relationship between waist stiffness and knee pain.

先日の教室では、膝の痛みのセルフ整体をお伝えしました。

整体では痛みのある箇所だけを観ることはまれで、その箇所よりも遠いところに原因(遠因)を探り、なにがその痛みとなって表現されているのかと見立てることが多いです。

ケースバイケースですが、たとえば膝の痛みなどは、腰椎ようついの動きの硬さが影響しているものと見立てます。

わたしたちは身体を捻る動作のときは腰を捻っておりますが、この動きが硬くなると無意識に膝で捻ろうとします。

ところが膝というのはその構造上、捻るようには出来ていないので、“やめちくれ~、おれらそこは専門外だに?”と、膝周辺の筋肉を固めて抵抗を始めます。

そうした抵抗運動・レジスタンスが長く続くと、膝の痛みとなって表現するのです。

また腰の動きは消化器系内臓器官の働きにも影響しますし、がんばりが長く続く方も腰が硬くなっていくものです。

食べ過ぎやストレス過多も膝の痛みに関係するものです。


201906280909116cc.jpg


The other day in the classroom, I told about self-control of knee pain.

In the case of physical therapy, it is rare to observe only the area where there is pain, and it is often the case to search for the cause far from the area and to observe what is expressed as the pain.

On a case-by-case basis, for example, pain in the knee is observed as affecting the stiffness of the lumbar spine movement.

When you try to twist your body, you are twisting your hips, but if this movement gets hard, you will try to twist it unconsciously with your knees.

However, because the knee is not made to twist because of its structure, "Stop it-we are not specialized in the twisting movement!" And harden the muscles around the knee and start resistance.

If such resistance lasts for a long time, it will be expressed as knee pain.

In addition, the movement of the lower back affects the work of digestive system visceral organs, and those with long-lasting stress become stiffer.

Over-eating and over-stress are also related to knee pain.


201906280909083f7.jpg



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント