プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
[ 山下俊行 ]

1969年生まれ。

【 Vital Energy Body Work 山下道場 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを
研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな

こころ と からだ をより良くまとめられるよう、

東洋の叡智を結集した身体と心の技術体系です。


からだ の状態をもって こころ の状態を導く


中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや整体・現代型ストレッチなどをとりいれたレッスン内容です。

 
リラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れる強さ…生命根源の力を高める」


これが主だったレッスンの目的となります。



関節や心・肺に無理な負担をかけず、

老若男女問わずに、

練習に努めることで「結果」

からだの奥底に眠っている生命力を奮い立たせることを狙うレッスンです。



今まで出会った方々

これから出会う方々へ


貴重なるご縁に

感謝申し上げます。




身体に対する意識を高め

自己否定をしない、内から湧き起こる真の「自信」を育て

深い たましい の道行きを 皆さまと共に歩めたら

そう感じ想いながら日々、活動、
発信させていただいております。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:所感
雪の聖域①


積雪、路面凍結の立ち入り禁止の聖域まで、林道をおよそ 3㎞。
 
車を降りて、その雪道 3㎞ を神社の参道に見立てて歩けば、
心と身体と、奥底にある魂は一瞬にして「状態」に入る。
 

雪の聖域③


わたしたちは皆、太陽と大地の子です。
 
へそ奥の丹田に熱量が沸き起これば、
全身をその熱が駆け回り、
 
たとえ雪中においても大気中のエネルギーを全身呼吸で吸収し(息吹き)、
取り巻く大自然と一体と成れる。
 

自らの熱量を持って「火」のエレメントを活性化し捧げ、
 
取り巻く龍のエネルギー
 
「水」のエレメントと合わせて、
 
「火水 かみ・神」として一体発現す。
 

また琉球では、この「火」の神性を、
 
「ヒヌカン 火之神」と称する。


雪の聖域②

雪の聖域④

雪の聖域⑤





テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 不動滝 人間の可能性 心と体 身体感覚 波動 宇宙法則 個人指導 神道

DATE: CATEGORY:所感
【 保健気功講座 】①


土用の丑の日として、現代では夏の土用が知られておりますが、
実は「土用」の期間というのは年四回あるのです。
 
今年の「冬の土用」の期間は1月17日から2月3日まで。
 
それを越えると春の兆しが現れ始める「立春」ですが、
 
この「土用」の期間は、期間後における次の動き・気運のために、
 
ご自分の内側を静かに育てるのに最適な「間 ま」でもあります。
 
 
世間から得られる評価などではない、
自分への信頼を育む時節・チャンスを秘めた期間でもあります。
 
・・・・・・・・・・・・・・・
 
『 冬の土用 』

☯「Vital Energy Body Work 山下道場 」では、
https://vital-energy.themedia.jp/
 

立春・立夏・立秋・立冬前の、
年四回ある18日間という「土用」という大きなエネルギーの切り替わりどきに、
 
主に「春の土用」「秋の土用」の期間に、
 
「ボディーワークと食養生」というタイトルで、
 
一般講習会と、
山の恵みである鹿ジビエを提供される「ざんざ亭」さんとのコラボ宿泊などを合わせた、フィールドワークをセッティングして臨んでおります。
 
◎鹿ジビエと山師料理 - 囲炉裏のお宿 ざんざ亭
http://www.zanzahotel.jp/


14525133_665318720300652_8131063705896428647_o.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・
 
☯この世界における五つのエレメント
「木・火・土・金・水」の
トータル的な陰陽五行説のお話しは長くなりますので、

この五つのエレメントの中心と繋ぎ目に位置する「土」。
 

そして「土用」という期間、
 
「土」はものを変化させる作用を持ち、
 
「用」とは働きの意が含まれています。

 
 
四季の終りの各18日間を「土」の為の期間として、
五行のなかでは土用として割り当てられています。
 
つまり立春の前18日間が冬の土用、立夏の前18日間が春の土用となります。
 
そして立秋、立冬の前各18日間がそれぞれ夏の土用、秋の土用です。
 

☯「土用」は元々は中国の五行思想に基づいておりますが、
 
うつろいゆく日本の四季の変化、
その季節のうつろいを感じるなかでの土用の18日間は、
とても興味深くて、また味わいのあるものです。
 
日本の季節はゆるやかに変化しながら移り変わって参りますよね。

 

この移り変わりの期間に寒さや暑さが行ったり来たりして、
それが18日間ぐらいあって、
春、夏、秋、冬という四季が明らかになって参ります。

 

冬の土用は、ほぼ大寒の節気であり、
春の土用は、ほぼ穀雨の節気であり、
 
夏の土用は、ほぼ大暑の節気であり、
秋の土用は、ほぼ霜降の節気です。
 

寒・暑に雨と霜という象徴的な節気が「土用」に相当するわけであり、
それは気候が厳しかったり、
寒さ暑さが定まりにくかったりする時節です。
 
主に内臓の健康状態にも気をつける時節ですし、
また大きな変化を秘めた期間でもあります。

 

 
以前、大自然に働いている「気」の五大運動のお話しをしたことがありますが、

 
「昇・降・開・合 しょう・こう・かい・ごう」の
 
気運の流れのなかでの「定 てい」

 
 
土用の期間はこの「定 てい」に相当します。
 

それはさまざまに起こりゆく現象・動きの中でふと立ち止まる大切さであり、

静かなるものの極みであり、

「静」の極みが、次なる気運を決定づける真の「動」…
 
インナースペース・内なる宇宙を育てていく。

 

上記の、静まった内なる宇宙のように
 
 
物ごとの改善の第一歩というのは、
 
 
まずこの わたしたちの心と体が
 
「安静」になることから始まります。
 

五臓六腑で申しますと、またこの期間は身体の中心たる
 
「脾臓や胃」の健康に注意したいところです。
 
この辺りは、最近、私の周りでも胃の健康不安を訴える方がけっこう出て参りましたので、
また機会あらためてお話しすることがあるかも知れません。

ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました。


14615782_672613506237840_4440385374875403832_o.jpg





テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 土用 ざんざ亭 鹿ジビエ 八段錦 保健 医療 人間の可能性 心と体 身体感覚

DATE: CATEGORY:所感
『 武 と 宇宙 』


鹿島神宮内 「武徳殿 ぶとくでん」

塚原卜伝は鹿島新当流(しんとうりゅう)、昔の剣術道場の造りですね。

飾り気がなくて、その場に立っているだけで気持ちいいです。

 
 
神宮からそう遠く離れていないところには、
34mの巨大アンテナを擁する「鹿島宇宙技術センター」があります。


CAT2VAO2.jpg

 

神の宮や宇宙技術を合わせた土地空間、
こういったものに触れながら、自身の幼少期は鹿島の地で育てていただきました。

鹿島神宮を太平洋に向かって進むと、
弥勒の船が流れ着くという美しい遠浅の海、
下津おりつの浜が広がります。


CA530IST.jpg

 

「哲学」とは智を愛する・・・わかりやすく捉えれば、
 
この世の中の当たり前に在るとされているもの、常日ごろ起こっている物事に対して、
 
〝自分なりに感じ 考えるクセを持つ〟ことだと、私はそう捉えております。
 
 
この良い意味でのクセを持つことが、「個」の確立に繋がることなのですが、
 
日本人は「全体性」の気運で盛り上がるのは得意でも、
 
この「個」の確立性が弱く、
 
故に国民総体としては〝大きな声〟に流されやすい面を持っております。
 

 
「個」と「全体」の自由な往来、そのバランスが次代の課題であり、
 
「個」と「全体」のバランスを持って、
 
たとえ軋轢などが生じても説明責任など合わせて、
 
敬意と感謝を持って、国際貢献できる時代となりましょう。
 

意志ある者は、
そのためには良い意味で〝舐められない〟ための(笑)、
 
 
身体内の「神体圧」、精神作用としての「意識圧」
 
 
常に成長させてくれる外圧に対しての
 
強くしなやかに拮抗する「内圧」状態を、この心身に育て上げることが肝要となって参ります。
 

 
さて長らく武術・武道というものを研鑽して参りましたが、
 
「武」そのものを哲学すれば、本来の 「武」とは殺敵護身の面のみならず、

乱れた空間あれば、
その現場、時空間に安寧秩序をもたらすもの…

認識の拡大としては

私はそうとらえます。

 

「武」なるものの、襟元を正されるような

ときにはピリリとも感じられる

エネルギーの奔流、その強さ。

 
それはエクスカリバーの剣を大地に立てて、
この天を仰ぐような、

ざわめく大地を鎮めるがごとく、くさびを打ち込むような

またとりまく空間にスッと無意識領域で整理するよう働きかけるような、

安心・安定感だったりします。

 
 
古今東西、古代にさかのぼるほど、

「剣」は純粋にただ武器としてのそれではなく、

力…エネルギーの象徴、

「見立て」であったのだろうと感じます。

 
出雲の青銅の剣の、
現代に現れた保存状態を観ても、それは強く感じました。

 

 
ただいたずらに手足を繰るばかりが、武術・武道ではない。

 
猛々しさと静謐せいひつさのバランスを身の内で取り持ち、

 
その「内圧」から

皮膚よりにじみ出るエネルギー値をもって「世界」と接し、

安寧・秩序をもたらすもの。

 
 
それが修練者のつとめなのではないか…

清冽なる氣を宿す、

武神おわす鹿島の神域空間に身を置くごとに

私はそれを強く感じるのです。



☯「神さまと宇宙~東国三社めぐりとフィールドボディーワーク」
http://ameblo.jp/vitalenergy21/entry-12222236664.html


武官装束

CAXDLTFB.jpg






テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 鹿島神宮 東国三社 武術 武道 人間の可能性 心と体 身体感覚 波動 宇宙法則 個人指導

DATE: CATEGORY:所感

「土用」はウナギを食べる夏の土用が有名ですが、
先日、土曜日の1月17日から
2月4日の立春までが「冬の土用」と呼ばれる期間です。
 
 
また季節の変わり目は静かに滋養し、
心身における大きなエネルギーの
切り換えどきにも備える期間でもあります。

 
呼吸とともに「後天の気」と呼ばれるエネルギーのひとつである、

「食」のことについて触れておきたいと思います。

 
 
食べることが好きな方は多いと思います。
私も五感すべてで味わう感じで
食べることが好きなタイプです(笑)
 

 
むかしから 「朝飯前」という言葉がありますね。

現在では、楽にちょちょいのちょいとこなせる仕事
という意味で広く使われておりますが、
 
元々は、朝ごはんの前にひと働きという意味です。

遠足のあとのお弁当が美味しかった体験を、
多くの方は持ってらっしゃると思います。

 

 
☯ライフスタイル・・・
現代の多様な生活様式のなかで
わたしたちそれぞれの
リズムや生活パターンがあると思いますが、

 
食べる前にひと働きすると ご飯はおいしく食べられます。

 
わたしは現在、朝早く起きて、
ひと働きする生活パターンで落ち着いてますが、
午前中は普段、ほとんど食事というものをしません。

 

 
☯食べたくないときは 
無理に食べないことが「自然」です。

食べたくないときに無理に食べても

からだに大きな負担がかかるものです。

朝食を抜くだけで からだ の調子が良くなることは
体感を重ねていけば結構あるものです。

食べるだけ食べて 飲むだけ飲んで、

 

消化・吸収、特に排せつがうまくいっていない方を、
自身のボディワークを教えたり、
人さまの整体施術をするなかでも実に多く見受けます。

 
IMGP0024.jpg


 
☯食べ過ぎ

栄養の過剰が、

からだや こころのエネルギーの過剰をもたらし、

からだと こころを曇らせています。

 
その過ぎたエネルギーの過剰が、
現代の多くの病気の原因になっている現実は、
もっと知られてもよい事実です。

 
 
長い人類の歴史をかえりみれば、
腹減らし・・・
おなかぺこぺこ状態の時代の方が長かったはずです。
 
このことは、
人類の直感のレベルやクリエイティブな文化を
生み出してきたことと けして無関係ではありません。

 

飽食の時代と言われて久しいです。
昔に比べると、栄養価の高いものを
私たちはたっぷりと食べていると思います。
 
またそのために、栄養の過剰で身体をこわしている事実は
もっと知られて良いことです。

 
馬歩站樁③


 
☯不足の害よりも 
過剰の害のほうが現代においては
とても深刻な問題です。

 
薬も過ぎたれば毒となるように、
栄養価の高いものは摂り過ぎると、
わたしたちの からだ へと大きな負担をかけるものです。

 

胃腸もそうですが、
特に肝臓への負担から、

疲れ目や肩こりを起こしている方を、
人さまの整体施術をしていても多く見受けます。

 
食べることが好きな方は、
いつもよりほんのちょっと早起きして、

お風呂に入ったり、

なにかひとつでも良いですから、
おぼえたボディーワークを丁寧にこなしたりして、
それから朝食にしてみてください。

いつものご飯が 
がぜんおいしい食事となりますよ♪

ねこカフェ②

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体 身体感覚 土用 波動 宇宙法則 個別指導 個人指導

DATE: CATEGORY:所感
11068869_433569413475585_1481487136_n.jpg


食事に加えて、親愛なる方々との楽しくて温かな語らいがあれば、
空腹を満たす以上の喜びを感じるものです。

Add to the meal good conversation and warm association with people you love, and it becomes a delightful event that satisfies more than just our hunger.




テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体 身体感覚 波動 宇宙法則 個人指導


copyright © 2017 ☯ Vital Energy Body Work 山下道場 all rights reserved.Powered by FC2ブログ