プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
〔 山下俊行 〕

1969年生まれ。

【 Vital Energy Body Work 山下道場 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな現代人の

こころ と からだ がより良く寄り添うような、

身体と心の在りかたセッションです。



からだ の軽快な状態をもって こころ の状態が導かれていく


セッションの比重としては、
中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや症例に応じた各種整体運動・現代型ストレッチなどをとりいれたセッション内容となります。

 
一般に広く行われているリラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


循環機能するための、ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れるしなやかな強さ…生命根源の力が高まっていく」


そんな状態をセッションでは当面、目指しますが、
プロセスのなかでいずれはそんな目的も自然に忘れて、
楽になれば良いと捉えております。


現代は特に、

“あたま”が賢くなることよりも先に、
 
“からだ”が賢くなることが大切なことと感じています。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:所感
介護施設や精神医療の現場で、
毎日、糞小便だらけの便座を吹き上げたり自身もまみれたりした、勤務経験のある者から言わせていただきますね。

どんなに気取っていても、わたしたちも同じ糞小便を垂れ流す袋のような存在です。

この本質。


同じ変わらぬ存在なのですから、
サロンにセッションに来られるどんな来訪者さまでも、
どんな症例を表面的に訴える方でも、

私は一切、特別扱いはしないのです。




テーマ : 人生を豊かに生きる - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体 身体感覚 波動 プライベートセッション 個人指導

DATE: CATEGORY:所感
【 啓蟄 けいちつ、春の養生 】②


本日、二十四節気の啓蟄 けいちつ を迎えましたね。
ひと雨ごとに春の足音が聴こえるようになりました。

啓蟄 けいちつ とは、冬のあいだ、土の中で冬をすごしていた虫たちが、
春のあたたかさを感じて地上へと出てくる頃のことを言います。
 
この季節になりますと、冬のあいだ、寒さでこわばっていた体が
徐々に徐々にゆるんで参ります。

 
「朝起きるのがつらい、なんとなくだるい、
昼間とても眠くなる、食欲がない、寝つきがわるい」などの
不調を訴える方が多くなるのもこの時節です。
 
 
「肝気上逆 かんきじょうぎゃく」と申しまして、
 
春は、からだのなかの「内気」の変調が起こりやすい季節でもあります。

 

いろいろと切り替わりどきで、
進学や就職、転勤などによって
環境が変わる方も多いですし、
 
気温の差も激しくなり、
ストレスや疲労によってホルモンのバランスが乱れたり、 
 
東洋医学の見立てでは、
肝臓を中心とした体内の「気」の通り道である経絡(けいらく)、
 
「肝」の働きに影響を受けやすい季節です。

 
 
 
「肝」は、自律神経の働きととても深い関係があります。
 
「肝」がつかれて参りますと、
傾向としては気持ちが不安定になって、
イライラそわそわしたり、
怒りっぽくなる方が多くなります。

 
また皮膚のトラブル・・・冬のあいだ、皮膚の深いところに潜んでいたにきびや吹き出物などが
表面に出てきやすい季節ですから、
 
皮膚が炎症を起こしやすい時節でもありますし、
顔の火照りや、
かゆみを訴える方も多くなるころです。

 
 
そのすべてが、冬のあいだフタをして
溜めこんでいたエネルギー・・・
 
それがゆるんで解放されることによって起こる
 
強い「気血の上昇」によるものです。
 

 
草木の芽吹きも、大地からの強い上昇エナジーである、
その自然法則の働きあってのことです。

 

啓蟄の時期は、朝は少し早めに起きて、
散歩などをして体を動かして
 
リラックスするように心がけてみてください。
 

適度な運動はストレスの発散となります。
 
まだまだ朝晩は寒い日が続きますから、
運動後は体を冷やさないように気をつけられると良いと思います。



【 啓蟄 けいちつ、春の養生 】①
 

 
写真の「内功八段錦ないこうはちだんきん」という保健医療運動は、
外面と内面への働き、筋骨格レベルから各内臓の機能調整、
練習者へ良好な精神作用をもたらすなど、
 
東アジアの自然観察論である、陰陽五行説がベースとなっている生命運動ですが、
 
少し簡単に「陰陽五行」の食養生の話しをしますと、
 
「肝」の働きを調えるために
 
割と酸っぱみや苦味のあるものと、甘味のある食べものを
少し意識して摂られることをおすすめします。

ここでいう甘さは精製された砂糖の甘味ではなくて、
にんじんなどの自然な甘さのことです。
 
たまねぎや春菊、ニラなど香味のある野菜もおすすめです。

 
 

「肝」の不調がわたしたちの心理に大きく影響するのは
 
 
実に「怒り」

 
怒りそのもの、まるだしでは、
自他ともに傷つけるものではありますが、
 
怒りそのものにとらわれず、自らを客観視するならば
(あぁ・・・いまオレ・私は怒っているんだな・・・程度でもOKです。
この俯瞰する視点はどの感情の動きにおいても大切)、
 
 
それは「気血の上昇」をうまく制御して、
 
当初、抱えていた怒りはいつの間にか変化し、
 
どんな逆境にも立ち上がっていく
 
「不屈」というエネルギーへと昇華します。
 
 
 
それは強烈に上昇してくるエナジーと力を拮抗させる
 
「根気」を養うことであり、
 
 
天地自然の理にかなったボディーワークとは、
それら心身の在りかたを身につけるための
具体的な身体技術のことなのです。
 

施術の心






テーマ : 人生を豊かに生きる - ジャンル : 心と身体

tag : 八段錦 内功 人間の可能性 心と体 身体感覚 波動 個人指導 二十四節気 プライベートセッション

DATE: CATEGORY:所感
三つの宝


There are three treasures in heaven, earth, and people in this world.
 
この世界には天・地・人の三つの宝が在る。
 
そしてそれぞれの三宝を言えば、
 
天には根源生命の陰陽太極「日と月と星」があり、
人には練るべく「精と氣と神」が所在し、
 
そして足もと大地には「火と水と風」が起こり、
絶え間なく果てしなく、相対的に影響・生成されるのである。
 

☯『 虎角禅 Kokakuzen ‐ Vital Energy Body Work 』
https://vital-energy.themedia.jp/





テーマ : 人生を豊かに生きる - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体 身体感覚 波動 プライベートセッション 個人指導

DATE: CATEGORY:所感
ひと言ね。
 
“あたま”が賢くなることよりも先に、
 
“からだ”が賢くなることが大切なことですね。
 
自主性、自発性、能動的という状態は、“からだ”を起点にして産まれます。





テーマ : 人生を豊かに生きる - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体 身体感覚 波動 プライベートセッション 個人指導

DATE: CATEGORY:所感
【 恵方 】


昨日、2月3日は節分でございました👹
自然の摂理・法則という「真理」に本来、旧いも新しいもないですよね。
 
「天才バカボン」じゃないですが、東から昇るはずの太陽が、
ころころと時には西であったり南であったりしちゃ、わたしたちの生体リズムは困るわけです(笑)
 
 

日本の歴史には、
だいたい三層からなる歴史認識層があります。

 
  
表層部分から始めますと、

第一層は、近代化の流れのなか、

欧米圏の強い影響のもと育まれた意識の層・・・
さかのぼること、この150年からの意識層ですね。
 
この国の深きところに流れる歴史の層を何も知らずにおいて、
 
日本はすべてにおいて遅れている、
手放しでアメリカ・ヨーロッパ最高と
考えなしに口にする者のノリは、
この辺りからですね。
 

 
第二層は、儒教社会の色濃い、

いわゆる武家文化が花開いた時代・・・
日本の精神文化の「華」が成熟した層です。

 
 
この第一・第二までがメジャーなシーンで、

多くの方が現在、混迷すればするほど、

アイデンティティを求めては
それらの層に依拠しながら追っている
意識の層です。

 

 
 
そして第三の層は、

わたしたちが思考体系の
「あたま」で追うこともなく、
遺伝子レベルでその身体のうちに流れている、

 
それはふつふつとする地下深くのマグマ層のごとく、

 
アニミズム・・・
原初の感覚でコミュニケーションスキルを用い、

当時の、特にあえて「平和」とは称さない
コミュニティを生きた自然崇拝の姿。

 

東方ジパングは東の果ての果て・・・
平安末期まで栄えた人種のるつぼのなか、

おそらくはひとつの可能性として成立しきっていた、

かつての古代日本の意識の層。

 

メジャーな「古事記」や「日本書紀」・・・
いわゆる記紀神話以外にも、

 
この陽の國(ひのくに)には、
いろいろな勢力が栄えていた氏族による
数々の古史古伝書というものが存在します。

それは現代のこういった
情報媒体と同じように、

ひとつの皆が知る手立て、
ひとつの可能性の示唆をもふくんだものです。

 

 
情報をどう消化(昇華)するかは
それぞれのセンス次第です。

 

うまく摂取してその栄養とするか、

要らぬものは排せつするか、

 
はたまた情報を、

酒よろしく呑みすぎては二日酔いを起こすか(笑)

 
二日酔いや食べ過ぎに懲りたら 肝休日や断食をして、
 
自分でなんとかするように

 

情報をどう呑みこみ、
摂りこむかはそれぞれの感性力であり、

またそれぞれであっていいものです。

 

 
古史古伝書・・・
かつて日本各地にはさまざまな民が存在し、
その一族の言ってみれば家伝書のようなものです。

 
そのなかに「秀真伝 ほつまつたえ」という、
古代の宇宙観を示した書があります。

 
 
全三巻「天・地・人 あ・わ・や」から成ります。

 
その並びには
「三笠紀 みかさのふみ」という書があり、

私も育てていただきました鹿島の地、

鹿島神宮に関わり深い中臣氏の嫡孫、
大鹿島命(おおかしまのみこと)が
綴ったものと言われています。

 

その「秀真伝 ほつまつたえ」

極めて神道・・・古神道 こしんとう に関わり深く、

陰陽五行を表す宇宙原理がそこにも説かれています。

 

 
◎この宇宙のあらわれ、

宇宙創成につらなるエネルギーは、
根源神の働きにより 陽と陰の二極に分かれた。

 
一方は陽となり、天となり、
そして太陽が生じた。

 
また一方は陰となり、大地となり、
そして月が生じた。

 

 
◎ 陽 は 空・風・火 を、
 
また 陰 は 水・土 を生み出した。

  

これが陰と陽、

それからこの世界の構成要素である
五つのエレメント・・・五行説に関わる記述です。
 

 
そしてこの天と地のはざまに 
ひとりの神が現れます。

 
国常立命(くにとこたちのみこと)

 
この神さまには八人の御子がおりました。

 
この八神が実は、

八つの方角に関係してくるわけです。

 
 
陰陽五行に関する記述のあとにこう続きます。

 

◎天地が生まれたその後、
八元神(ヤモトカミ)
 
「ト・ホ・カ・ミ・ヱ・ヒ・タ・メ」の 八神が生まれた。

 

ト・ホ・カ・ミ・ヱ・ヒ・タ・メ は、
それぞれが 神の名であり、

・トノクニサツチノミコト

・ホノクニサツチノミコト

・カノクニサツチノミコト

・ミノクニサツチノミコト

・エノクニサツチノミコト

・ヒノクニサツチノミコト

・タノクニサツチノミコト

・メノクニサツチノミコト

 

八人の神は八つの方位、

 
【ト:南】 【ホ:東北】 【カ:西】 
 
【ミ:東南】 【ヱ:北】 【ヒ:西南】 
 
【タ:東】 【メ:西北】 
 
 
それぞれを守り、
またそれぞれの頭をとって

方位方角を表す言葉としても使われました。

 

そして恵方巻き・・・
どこぞの販売業者が売り上げに乏しい
二月の売り上げアップから始め、

いつのまにか毎年のイベント商戦に加わった感じであり、

またもっともらしい由来も
商品にパッケージしておりますが・・・・

 

どうやら「秀真伝 ほつまつたえ」に
照らし合わせると、

 

恵方とは、「ヱの方角」

北の神 エノクニサツチノミコト 
 
依国狭津雷尊のことらしいです。
 

 
またこの【ヱの神】は、

冬に "天の精霧 (太陽の陽エネルギー)" を使って、

春を招来する役割も持っています。

 

どうやら「恵方」とは

「ヱ方」のことであり、
 
【ヱの神】の方角、

すなわち 北の方向 のことでした。

 

ですから古来、陰暦の新年、

節分の夜に去って行かれる
 
【ヱの神】に向かって願い事をしていたことが、

 
江戸時代の末期に、大阪の船場で
商売繁盛を祈願するようになりました。

 

これが現在の恵方巻きにつながるわけですね。
 
どうやら、そのような次第であります。




テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 東国三社 鹿島神宮 人間の可能性 心と体 身体感覚 波動 宇宙法則


copyright © 2018 ☯Vital Energy Body Work 山下道場 all rights reserved.Powered by FC2ブログ