プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
[ 山下俊行 ]

1969年生まれ。

【 Vital Energy Body Work 山下道場 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを
研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな

こころ と からだ をより良くまとめられるよう、

東洋の叡智を結集した身体と心の技術体系です。


からだ の状態をもって こころ の状態を導く


中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや整体・現代型ストレッチなどをとりいれたレッスン内容です。

 
リラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れる強さ…生命根源の力を高める」


これが主だったレッスンの目的となります。



関節や心・肺に無理な負担をかけず、

老若男女問わずに、

練習に努めることで「結果」

からだの奥底に眠っている生命力を奮い立たせることを狙うレッスンです。



今まで出会った方々

これから出会う方々へ


貴重なるご縁に

感謝申し上げます。




身体に対する意識を高め

自己否定をしない、内から湧き起こる真の「自信」を育て

深い たましい の道行きを 皆さまと共に歩めたら

そう感じ想いながら日々、活動、
発信させていただいております。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:所感
ネットの世界は、何十年も検証を重ねて向き合い続けているプロも、
昨日、今日聞きかじったような理屈・理論を展開して不安ビジネスを行っている(無自覚者が多い)愚か者も存在する、
「玉石混交」の世界です。
 
トータル的な自身に流れる「生命いのち」にしっかり着床すると、
光る玉も、石ころも、自身の眼で自ずと見分けが着くようになるものです。
 
そのための〝具体的ワーク〟が、こちらでは用意できているというだけです。
 
 
他の誰でもない、
自身に流れる「生命いのち」としっかり結びついていないから、
多くの方が下らぬ情報に振りまわされて、自分軸を失う。
 
「生命いのち」としっかり結びついていないと、
この自分軸を持つということと、自己中の違いさえも、
自分では判断がつかないようになります。
 

深い体感がないと、言葉そのものはどんなに名言シェアをしても、
何も意味を成さない、機能しない現状につながるわけです。
 
いくら知識を増やしたところで、考えても仕方のないことです。
それすべてが思考の毒となり、
 
次代に対して背中で何も示し得ない姿と成る。
 
 
よりクリアに シンプルに根源生命に近づくこと
 

深い自身の「生命いのち」の在りかに降り立って、幻想から目を覚ますのは、
わたしたちの内にある、
 
主体的に自身の中から発動する
 
「内圧根源の力」と言えるのです。
 
 
☯ Vital Energy Body Work 山下道場 山下 俊行
https://vital-energy.themedia.jp/


13988265_637444576421400_692481311121287752_o.jpg





テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体 身体感覚 波動 宇宙法則 個人指導 個別指導

DATE: CATEGORY:所感
【 にゃんこ先生と 腰の安定性 】


本日はネコの日であるとか・・なんで?
2 にゃん 2 にゃん 2 にゃん だから?(笑)
 
身体を動かすプロとして、動物の全身が協調一致した動きなどはとても参考になるもので、
生徒さんにも良く動物観察をすすめます。
 

 
ネコが喧嘩するときの様を観ていると、
四足動物でありながら、
彼らは良く前足をうまく活用しますが、
 
これは腰が柔らかく、とても安定しているからですね。
 
 
 
中国武術では「胯 クア」と申しまして、
 
身体操作の上では股関節や骨盤に対する要求が
緻密に問われるところです。
 
 
骨盤は身体の中心に座している最も大きな歯車であり、
ギアシステムの精度が高い機械同様に、
 
この股関節や骨盤を
訓練を通じてスムーズに練り込んだ動きが、
 
手足の末端まで伝わる大きな動力源として機能し、
運動上、最大エネルギーを生みだす人体上のスポットとなります。
 

ねこ一匹観察しても、
そんな観点から にゃんこ先生となるものですね(笑)
 

道場や合宿における毎回の講座でも、
 
站樁たんとう の基本要求でもある、
 
この「胯 クア」・骨盤や股関節の動きについて、詳しく解説しながらワークいたします。
 
・・・・・・・・
 
◎「beautiful hand 美しい手先・手つかいの講座 」
 
2月25日(土)13:00~15:00 長野県駒ケ根市 山下道場
 
美しい手先のために、実は必要な骨盤や膝や足首のつながりを、
ボディーバランス運動を通して学んでいきます。
腕を中心とした らせん運動で、龍のエネルギーを身に着けて参りましょう。

 
◎「内功八段錦(ないこうはちだんきん)講座 Eight-section Brocade Exercise 」
 
2月28日(火)10:00~12:00 長野県駒ケ根市 山下道場
 
・・・・・・・・
 
☯ 『 神・心・身 かみとこころとからだ 』
 
魂振るわす鎮魂秘儀と振動活性ボディーワーク

2017年、魂の観点で生きる方へ
 
深みと高みのある人生をクリエイトしたい方へ
 

“全ての道開きのために”


奈良・葛木御歳神社 かつらぎ みとし じんじゃ
 
3月25日(土)・26日(日)
 
詳細は下記リンクからご覧ください ⇓
http://ameblo.jp/vitalenergy21/entry-12250544081.html
 
 
お問い合わせ先:https://vital-energy.themedia.jp/pages/493925/page_201603171850


15095617_1196401367106007_8411785866218404811_n.jpg





テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 骨盤 人間の可能性 心と体 身体感覚 波動 宇宙法則 個人指導 身体操作

DATE: CATEGORY:所感
トーラス


リニア(直線)思考からカービリニア(曲線)思考に至る、
成長・進化の生命構造体。
 
これを自身の身体の内と外、その取り巻く空間において生命の根源を自認・発見し、
循環フリーエネルギーを獲得していくプロセスが、
 
 
「站樁 たんとう」という
 
シンプルなこのメソッドのひとつの側面であり、
 
練習者はその体験知を重ねていく取り組みと成るものです。 

 
 
「站樁 たんとう」とは何か?
 
私の長い研究上、それは
 
わたしたちひとりひとりのこの生命 いのち の質量そのものが本来持つはたらき、
 
生命 いのち の速度・その成長・発展のための圧力を増すための推進能力、
ブースター装置であると言えます。
 
 
☯【 Vital Energy Body Work 山下道場 】
https://vital-energy.themedia.jp/



【 Twilight of the remains 遺跡の黄昏 】①





テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体 身体感覚 波動 宇宙法則 個人指導

DATE: CATEGORY:所感
「気機 きき」の変化


寒い中でも日々、風と共に春を運んでいる時節です。
 
2月の立春から始まり、草木が大地から芽吹くときまで、
 
「気機 きき」の変化に満ちている時機ですね。
 

春、芽吹くときほど「肝火上逆 かんかじょうぎゃく」と申しまして、
 
気血が上がりやすくなり、足元が浮つき、
それとともにそわそわと、
心の不安も増す傾向にはあります。
 

こうした時期だからこそ、わたしたちは足の裏を意識して、
 
 
心の根っこ 体の根っこ
 
 
わたしたちの心と体を貫く「根気」というものを育てて、
 
大自然の「氣」のリズムにのり、
 
この大地・地球、根源生命と仲良くなりたいものです。
 
・・・・・・・・・・・・・・・
 
・内功八段錦(ないこうはちだんきん)講座 Eight-section Brocade Exercise
 
2月28日(火)10:00~12:00 長野県駒ケ根市 山下道場 ⇩
http://9512taitao.blog.fc2.com/blog-entry-534.html
 
お問合せ先:https://vital-energy.themedia.jp/pages/493925/page_201603171850




テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体 身体感覚 波動 宇宙法則 個人指導

DATE: CATEGORY:所感
【 恵方 】


明日、2月3日は節分でございますね👹
自然の摂理・法則という「真理」に本来、旧いも新しいもないですよね。
 
「天才バカボン」じゃないですが、東から昇るはずの太陽が、
ころころと時には西であったり南であったりしちゃ、わたしたちの生体リズムは困るわけです(笑)
 
 

日本の歴史には、
だいたい三層からなる歴史認識層があります。

 
  
表層部分から始めますと、

第一層は、近代化の流れのなか、

欧米圏の強い影響のもと育まれた意識の層・・・
さかのぼること、この150年からの意識層ですね。
 
この国の深きところに流れる歴史の層を何も知らずにおいて、
 
日本はすべてにおいて遅れている、
手放しでアメリカ・ヨーロッパ最高と
考えなしに口にする者のノリは、
この辺りからですね。
 

 
第二層は、儒教社会の色濃い、

いわゆる武家文化が花開いた時代・・・
日本の精神文化の「華」が成熟した層です。

 
 
この第一・第二までがメジャーなシーンで、

多くの方が現在、混迷すればするほど、

アイデンティティを求めては
それらの層に依拠しながら追っている
意識の層です。

 

 
 
そして第三の層は、

わたしたちが思考体系の
「あたま」で追うこともなく、
遺伝子レベルでその身体のうちに流れている、

 
それはふつふつとする地下深くのマグマ層のごとく、

 
アニミズム・・・
原初の感覚でコミュニケーションスキルを用い、

当時の、特にあえて「平和」とは称さない
コミュニティを生きた自然崇拝の姿。

 

東方ジパングは東の果ての果て・・・
平安末期まで栄えた人種のるつぼのなか、

おそらくはひとつの可能性として成立しきっていた、

かつての古代日本の意識の層。

 

メジャーな「古事記」や「日本書紀」・・・
いわゆる記紀神話以外にも、

 
この陽の國(ひのくに)には、
いろいろな勢力が栄えていた氏族による
数々の古史古伝書というものが存在します。

それは現代のこういった
情報媒体と同じように、

ひとつの皆が知る手立て、
ひとつの可能性の示唆をもふくんだものです。

 

 
情報をどう消化(昇華)するかは
それぞれのセンス次第です。

 

うまく摂取してその栄養とするか、

要らぬものは排せつするか、

 
はたまた情報を、

酒よろしく呑みすぎては二日酔いを起こすか(笑)

 
二日酔いや食べ過ぎに懲りたら 肝休日や断食をして、
 
自分でなんとかするように

 

情報をどう呑みこみ、
摂りこむかはそれぞれの感性力であり、

またそれぞれであっていいものです。

 

 
古史古伝書・・・
かつて日本各地にはさまざまな民が存在し、
その一族の言ってみれば家伝書のようなものです。

 
そのなかに「秀真伝 ほつまつたえ」という、
古代の宇宙観を示した書があります。

 
 
全三巻「天・地・人 あ・わ・や」から成ります。

 
その並びには
「三笠紀 みかさのふみ」という書があり、

私も育てていただきました鹿島の地、

鹿島神宮に関わり深い中臣氏の嫡孫、
大鹿島命(おおかしまのみこと)が
綴ったものと言われています。

 

その「秀真伝 ほつまつたえ」

極めて神道・・・古神道 こしんとう に関わり深く、

陰陽五行を表す宇宙原理がそこにも説かれています。

 

 
◎この宇宙のあらわれ、

宇宙創成につらなるエネルギーは、
根源神の働きにより 陽と陰の二極に分かれた。

 
一方は陽となり、天となり、
そして太陽が生じた。

 
また一方は陰となり、大地となり、
そして月が生じた。

 

 
◎ 陽 は 空・風・火 を、
 
また 陰 は 水・土 を生み出した。

  

これが陰と陽、

それからこの世界の構成要素である
五つのエレメント・・・五行説に関わる記述です。
 

 
そしてこの天と地のはざまに 
ひとりの神が現れます。

 
国常立命(くにとこたちのみこと)

 
この神さまには八人の御子がおりました。

 
この八神が実は、

八つの方角に関係してくるわけです。

 
 
陰陽五行に関する記述のあとにこう続きます。

 

◎天地が生まれたその後、
八元神(ヤモトカミ)
 
「ト・ホ・カ・ミ・ヱ・ヒ・タ・メ」の 八神が生まれた。

 

ト・ホ・カ・ミ・ヱ・ヒ・タ・メ は、
それぞれが 神の名であり、

・トノクニサツチノミコト

・ホノクニサツチノミコト

・カノクニサツチノミコト

・ミノクニサツチノミコト

・エノクニサツチノミコト

・ヒノクニサツチノミコト

・タノクニサツチノミコト

・メノクニサツチノミコト

 

八人の神は八つの方位、

 
【ト:南】 【ホ:東北】 【カ:西】 
 
【ミ:東南】 【ヱ:北】 【ヒ:西南】 
 
【タ:東】 【メ:西北】 
 
 
それぞれを守り、
またそれぞれの頭をとって

方位方角を表す言葉としても使われました。

 

そして恵方巻き・・・
どこぞの販売業者が売り上げに乏しい
二月の売り上げアップから始め、

いつのまにか毎年のイベント商戦に加わった感じであり、

またもっともらしい由来も
商品にパッケージしておりますが・・・・

 

どうやら「秀真伝 ほつまつたえ」に
照らし合わせると、

 

恵方とは、「ヱの方角」

北の神 エノクニサツチノミコト 
 
依国狭津雷尊のことらしいです。
 

 
またこの【ヱの神】は、

冬に "天の精霧 (太陽の陽エネルギー)" を使って、

春を招来する役割も持っています。

 

どうやら「恵方」とは

「ヱ方」のことであり、
 
【ヱの神】の方角、

すなわち 北の方向 のことでした。

 

ですから古来、陰暦の新年、

節分の夜に去って行かれる
 
【ヱの神】に向かって願い事をしていたことが、

 
江戸時代の末期に、大阪の船場で
商売繁盛を祈願するようになりました。

 

これが現在の恵方巻きにつながるわけですね。
 
どうやら、そのような次第であります。


・・・・・・・・・・・・・・・
 

ご一緒にいかがですか?(^-^)
☯「神さまと宇宙~東国三社めぐりとフィールドボディーワーク」
http://ameblo.jp/vitalenergy21/entry-12222236664.html

CAIHX6AX.jpg





テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 東国三社 鹿島神宮 人間の可能性 心と体 身体感覚 波動 宇宙法則


copyright © 2017 ☯ Vital Energy Body Work 山下道場 all rights reserved.Powered by FC2ブログ