プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
[ 山下俊行 ]

1969年生まれ。

【 Vital Energy Body Work 山下道場 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを
研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな

こころ と からだ をより良くまとめられるよう、

東洋の叡智を結集した身体と心の技術体系です。


からだ の状態をもって こころ の状態を導く


中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや整体・現代型ストレッチなどをとりいれたレッスン内容です。

 
リラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


循環機能するための、ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れるしなやかな強さ…生命根源の力が高まる」


これが主なセッションの目的となります。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:所感
「首が回らない」とは昔から良く言ったもので、
日本のからだことばの深い洞察には、ふとその言葉をあらためて想い起こしたときに、
たいへんにうならされるものがあります。
 
本日はサロンへの来訪者さまの施術セッションでした。
 
「首ってまわるんですね⁉」
 
サロンを出て帰るころには、
憔悴気味だったお顔色も良くなっておりました。

 
 
ご本人曰く、
 
職場で期待されて求められるお声に対して、
「前へ進まなくてはいけないのに、進みたくないとだだをこねてる自分がいた」
 
そんな気持ちにもビシッとスイッチが入った感じで、
明日からまたしっかり仕事に励むことができると。
 

 
この方は長く介護の仕事をされていて、本日、二回目の施術なのですが、
当初の主な訴えは、肩こりでした。 
 
主に、右肩。
右に向く時に、痛みがあり、
途中までしか向けないとのこと。

全身の張り感も気になっていて、
久々に腰の痛みもあると。
 

 
本人の気持ち的には、忙しすぎた夏を通り抜け、ほっと春休みのような状態が訪れ、
 
自然のなかに身を置いたり、
家でひとりゆっくり過ごす時間を取ってみても、
 
空っぽになった電池が、
ぜんぜん充電・満タンにならないのですと。 

 
 
身体の訴えは、
純粋にその方の長い生活習慣によるものと、
 
心理的な、出来れば逃げてフタをしておきたい
否定感情の蓄積によるものと、
 
複雑な絡みを見せて「表現」として、
現れている場合があります。
 

 
最中は逃げたっていいんです、人間ですから。
 
私だってこの半生で逃げ出したくなるときが
何度もありました。
 
 
ただ、いつかは逃げている自分の縁取りが見えて、
 
無意識下でも自分でその状態を認めて 
 
自分のなかからOKがでたとき、
 
 
そこからいくら訴え 表し続けても仕方ないと
 
本人の心と体が悟ったとき、
 
 
いつのまにかそれまで抱えていた不調が
気にならなくなることも良くあることです。
 

それはひとつの「安心」という
 
心持ちだったりいたします。
 

 
私のセッション・施術メニューは一般的な整体、姿勢調整技術から、
 
 
気功の応用による、
身体の内部に浸透するエネルギーヒーリング、
 
 
実践することで本人の自然な健身効果の得られる、
 
「静」と「動」を組み合わせた、
 
 
〝意識〟と〝気〟のトレーニングによる
 
セルフワークのお伝えなど、
 

 
来訪者さまのその時の心身の状態に応じて、
 
必要なことだけを施術させていただきます。
 

 
特に整体では、古式整体の「活法 かっぽう」を学び、

「腰痛・肩こり・膝の痛み」など、
 
日本人の三大主訴に当たっては、
強力に腕前の底上げをはかることが出来ました。
 

 
私の伝えるボディーワークの「站樁 たんとう」同様、
 
見た目シンプルながら、
 
「活法 かっぽう」はその理念ともに、高度な実践体系を擁している、
日本の身体文化の知恵が詰まった貴重なものです。
 

☯伝統療法普及協会
http://den10.info/
 

 
 
施術にしても ボディーワークにしても、
 
 
まだ起きてもいない未来への不安や、
現在の状況に縛られ、とらわれている、
身動きがとれない、生きづらさを抱えている方の、
 
その本人の
 
心と体の自由性の拡大を目指しておこなうものです。


・・・・・・・・・・・・・・


☯施術セッションご案内↓
https://vital-energy.themedia.jp/posts/1959307






テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体 身体感覚 波動 プライベートセッション 個人指導

DATE: CATEGORY:所感
バリ①


世界中どの国に行っても、その土地風土のなかで育った武術があり、
東南アジアにはプンチャック・シラットという武術が伝わっています。
 

シラット


それぞれの土地風土で長らく育つなかで、
 
技術体系とともに、
 
かならずそうした武術には
 
それぞれの思想・哲学が伝わっているものです。
 

そしてそれは、
なぜ拳脚を必要に応じて振るうのか、
 
その武術の魂の基盤とも成っているものです。
 

 
Wikipediaによる、
 
シラットの教えをそのまま転載いたします。
 

『 シラットには「稲穂の教え」(イルム・パディ)という基本思想があり、
 
鍛練を積むに従って
 
礼節や他人への思いやりを身に付け、
 
心豊かに生きる事を理想としている。
 

また、「崇高な精神と品格を備える」、 
 
「同胞を尊敬し、友愛と平和を守る」、 
 
「常に前向きに考え行動し、創造性と力強さを持つ」、
 
「真実、公正、正義を守り、
試練や誘惑に立ち向かう」
 
「常に自身の言動に責任を取る」という 

「5つの誓い」が存在する。
 

シラットを行う者は「プシラット」(pesilat)と呼ばれる。」
 

・・・・・・
 

上の教えは武術に限らずに、
 
人間の内と外に広がる戦いを収めて、
 

自分自身の人生を
 
主体的に、クリエイティブに切り開いていく上でも、
 
とても大切な教えと感じるのです。






テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体 身体感覚 波動 プライベートセッション 個人指導

DATE: CATEGORY:所感
本日、「秋分の日」を迎えましたね。
 
陽極まって 陰に転じる

陰から陽への太極マーク☯の真ん中辺り、季節の分け目といった感じです。

またわたしたちの心と体の分け目でもあります。



陽から陰へ 陰から陽へ
 
陽のなかに陰あり 陰のなかに陽あり


いんよう図⑨


 
☯大自然の「気」の運動法則。

秋の「気」の動き・収斂(しゅうれん)・・
 
「降 こう」から、

冬の「気」の運動作用・・「合 ごう」について。 

 
なにかとなにかが出会い合わさるとき、
そこに収縮・膨張が生じ、
新しく何かが産み出される。

   
「昇・降・開・合 しょう・こう・かい・ごう」


「気」には四大運動というものがあります。

 
実際的な「気功・気を練るの意」とは、
この理(ことわり)…
宇宙の運動法則を動作上、体現するものです。


☯即興 「 天地 あめつちの舞い 」 静中の動・動中の静
https://www.youtube.com/watch?v=zqM6tH5xCHE


 
 
まず「無極」から、
 
何もない空間に生じた一点の闇
 
「太極」が生じ、
 
 
さらに「陰陽」が生まれ、
 
 
そして互いにバランスを取り合う
動的作用を通して、
 
立体的なこの世界「☯陰陽太極」が生まれるプロセス。

 
本来、太極拳もこの宇宙哲学から生まれました。

 

狭義においては、
 
「陰」とは物質性が強い状態を指し、

「陽」とはエネルギー性の高い状態を指します。


☯「昇・降・開・合 しょう・こう・かい・ごう」


実は一年も一日も、
この「気」のサイクルのなかで私たちは生かされてます。

 
 
☯地球から離れることを上昇 ↑↑

☯地球に戻ることを下降 ↓↓

 
☯夏に陽極まる「開 かい」は、←・→
 
「気」が満ち、身体のなかの内圧も高まって、
宇宙に広がっていくような状態・開放感(喜び)
宇宙との一体感を得やすい状態。

 
☯冬に陰極まる「合」は、→・←
 
すそ野広がり、世界に広まったものが合わさり(統合)、
そしてまた結実するとき、機をうかがうとき。

 
時期・タイミングとは、
いずれもこの「気」の流れのなかの要所要所を指します。

 
同一率でもあり、相似率でもあり、
イメージの倫理学でもあり、

運動法則上この場合は、

同一かどうかよりも似ているかが問題であり、

それだからとて よくある価値観のズレや違いを、
当面きって嘆き、悲しむことはありません。

それは新しきものを産み出す、喜ぶべき兆しなのだから。

 
 
合わさりのち「一 いつ」に還っていく。

人それを「合一 ごういつ」といいます。

 
 
 
☯一年一日

「昇り」…春・朝・怒り

「開き(広がり)」…夏・昼・喜び(発散)

「降ちゆく」…秋・夕暮れ・愁い(うれい)

「合わさる」…冬・夜・恐れ(萎縮)

 
 
ちなみに、この「気」の四大運動のあいだに、

実は「定 てい」を加えて五大運動と成ります。

 

☯「定 てい」…ピタッと動かない。

はた目からは、まるで動いていないように観える。

 
それは高速回転するコマが遠目に見ると、
あたかも静止しているように観える状態に似ます。

わたしたちが普通に足元に置いている大地、
なにもなければ動いていないように感じる
この地球は、24時間で一回転する、巨大なコマです。

 
 
翻弄されにくい、
たとえ翻弄されても回復目覚ましい、
 
動きゆれるなかでも軸を取り、
バランスを取るコマのごとく(動態バランス)、
 
こころとからだの安定した状態を目指すこと。



高速回転のコマ


 
 
☯「昇・降・開・合」の流れのなかでの「定」

 
それは動きの中でふと立ち止まる大切さであり、

静かなるものの極みであり、

「静」の極みが、
 
次に生まれる真の「動」…宇宙を産み出していく。

 
なぜ自らの意識で今ある状態を引っぱりあげる
「内観ボデイーワーク」に取り組むのかは、

このことに尽きるのです。



朝陽のなかで自由に


【 秋の土用・ボディーワーク と 食養生 】↓
http://9512taitao.blog.fc2.com/blog-entry-752.html

14525133_665318720300652_8131063705896428647_o.jpg







テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体 身体感覚 波動 プライベートセッション 個人指導 二十四節気

DATE: CATEGORY:所感
それが腰であれ、肩であれ、痛みの現れは氷山の一角であり、
 
その部分に本人の症状として表現されている場所とは別に、
 
実は最も遠いところに
 
痛みとして発生している原因があるのがほとんどです。
 

 
たとえば腰なら、もっと末端の
足元から上がって来ている筋骨格レベルの場合や、
 
内臓の疲労からであるとか、
 
または、本人の心の在りかたそのものから起因している、
長年積み上がった
身体と心のクセから現れている場合など、
 
エネルギーヒーリング的な見立てにおいても、 
その他もろもろです。
 

 
「同調から 同化へ」
 
それらすべての先に述べたような遠因を総合的に見立てて、
 
まずはお相手に添うようなスタンスで入って参り(同調)、
 
自然の水の流れや強さを
差し板で方向性を定めるように、
 
そこからこちらは高いエネルギー状態をキープしながら、
お相手の体内における水路を整えるようにして、
エネルギーの流れを導いていく(同化)
 
 
同調から 同化へ。
 
この2つの状態が施術者には求められることです。
 
 

施術にせよ、ボディーワークによる
ご自分で行えるエクササイズをお伝えするにせよ、
 
「見立て」に始まり、
 
「同調から同化へ」
 
上のような“状態”でアプローチする側は向き合わないと、
 
 
 
実際に症状を訴えているその方の、
 
命の在りか 生命の力が
 
浮き上がっては来ないものです。
 

 
ごり押しでこちらが一方的に“治そうとする”気持ちは捨てて、
 

施術にせよ、ボディーワークにせよ、
 
例えるなら、腕のいい釣り人が忍耐強く、
水面の“浮き”に注視、
釣り糸や竿から手に伝わる感覚に繊細になるように、
 
施術者もまた、忍耐強く、
 
お相手の命の浮き沈みを観て参るものです。


images.jpg



・・・・・・・・・・・・・・


☯〖 施術ご案内 〗
https://vital-energy.themedia.jp/posts/1959307

iStock_000070952357_Small.jpg







テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体 身体感覚 波動 プライベートセッション 個人指導

DATE: CATEGORY:所感
Martial art


私にとって武術とは全身全霊で行う哲学です。

Martial art is a philosophy of whole body.


☯「怒り」は〝肝〟の興奮。

内臓担当器官は肝臓である。

外部より摂りこんだ栄養分・・・エネルギーを合成し、
脂肪を貯蔵する働きと(過ぎれば脂肪肝)、

ご自分の身体にとって不要なもの…
有害物質の解毒と排泄をつかさどっている、
生命維持に不可欠な臓器であり、
 
骨盤内(血液を浄化と、排泄機能)へと
エネルギーを送る役割を担っている臓器です。

 
旨い酒、美味しい食事のあとに
フル活動してくれているセクションです。



「怒り」はただ剥き出しでぶつけるのではなく、

肝腎かなめの「腎」の“水のエレメント”で冷まし、

深呼吸しては間を作り、自らの「立ち上がる力」とせよ。


感情の動きにおいても、
そのエネルギーにおいて明確な質と方向性を与える。

それは今、生かされているあなたにとっての
 
明確な「意志」という力となる。


☯【 Vital Energy Body Work 山下道場 】
https://vital-energy.themedia.jp/





テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体 身体感覚 波動 プライベートセッション 個人指導


copyright © 2017 ☯ Vital Energy Body Work 山下道場 all rights reserved.Powered by FC2ブログ