プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
[ 山下俊行 ]

1969年生まれ。

【 虎角禅 Vital Energy Body Work 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを
研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな

こころ と からだ をより良くまとめられるよう、

東洋の叡智を結集した身体と心の技術体系です。


からだ の状態をもって こころ の状態を導く


中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや整体・現代型ストレッチなどをとりいれたレッスン内容です。

 
リラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


循環機能するための、ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れるしなやかな強さ…生命根源の力が高まる」


これが主なセッションの目的となります。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:お知らせ
【 天竜、その流れ 】①


上善は水の如し。
 
流体から固形まで 水はその形と質を自由自在に変えていく。


【 天竜、その流れ 】②

 
・・・・・・・・
 
☯松本一般講習会

11月7日の「立冬」を過ぎると、わたしたちの身体は冬のからだの準備を始めます。

冬は「腎臓」の季節。

冷えやむくみなど、からだの水分調整を司っている大切な臓器です。

今回は膀胱・泌尿器系に通じた整体運動を中心にお伝えします。

いろいろおつかれで、芯からゆるむことを忘れているお体とお心の方どうぞ。

 
・11月14日(火) 13:30~ 15:00

・場所 松本・第二地区公民館
 

みなさま、お待ち申し上げます♪


◎各種講習会情報 ↓
https://vital-energy.themedia.jp/posts/2886687


image_mechanism01.gif

 

“サトルボディー Subtle body・微細身の実践セッション道場”

☯ Vital Energy Body Work 山下道場
https://vital-energy.themedia.jp/






テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体 身体感覚 波動 プライベートセッション 個人指導

DATE: CATEGORY:お知らせ
【 秋の土用入り 】


散歩コースでもある、信州・駒ヶ根高原の樹々の色合いも美しく🍁♪
 
本日から「秋の土用入り」となりましたね。
 
今年の「秋の土用」は、10月20日に土用入りし、
「立冬」前の11月6日までの期間となります。
 
この「土用」の期間に、下記の合宿企画を開催いたします。
 
 
☯10月30日(月) ・31日(火) 開催

『 秋の土用・ボディーワーク と 食養生 Food and body work 』↓
http://9512taitao.blog.fc2.com/blog-entry-752.html
 
 

この「土用」という期間ですが、
 
「土」はものを受容・変化させる作用を持ち、
 
「用」とは働きそのものの意が含まれています。
 

 
立春の前18日間が冬の土用、
立夏の前18日間が春の土用となります。
 
そして立秋・立冬の前各18日間が、
それぞれ夏の土用、秋の土用に当たります。
 

 
この土用の期間は、
 
からだとこころの内と外のエネルギーが
今まで季節に応じて大きく動いてきたなかで、

ふと立ち止まって心と身体を滋養するのに適した期間でもあるのです。
 
 
また季節と季節のあいだに取りこみ溜めてきた不要なものを、
肉体外へと老廃物を排出すること。
 

つまり、食事と呼吸の摂取から得られるエネルギーの、運化・受容器官である、
消化器系のケアにも大きく関係ある期間でもあります。
 

“サトルボディー Subtle body・微細身の実践セッション道場”
 
☯ Vital Energy Body Work 山下道場
https://vital-energy.themedia.jp/

22550519_864734293692426_6596116195470819767_o.jpg







テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体 身体感覚 波動 プライベートセッション 個人指導

DATE: CATEGORY:お知らせ
【 御射鹿池 みさかいけ 】


写真は昨日、合宿企画のリサーチで私が撮ったものですが、
この一枚の、完成された絵葉書にそのままなりそうな景勝地。
 
日本画家の東山魁夷の作品「緑響く」のモチーフとして有名な池だそうです。

霧深い奥蓼科は標高1,500㍍にある、幻想的な池です。

22290077_859209177578271_6081500826736454561_o.jpg



☯10月30日(月) ・31日(火) 開催

『 秋の土用・ボディーワーク と 食養生 Food and body work 』
 
詳しくはこちらを↓↓
http://9512taitao.blog.fc2.com/blog-entry-752.html
 

31日のフィールドワークは、
この国に、かつて1万年続いた奇跡のコミュニティ「縄文の風」

古代の原初生命観に触れる体験。
自然信仰・アニミズムの歴史深い諏訪・茅野周辺をご案内いたします。

美しく幻想的な御射鹿池 みさかいけ や、
神聖な諏訪大社 前宮の最奥他、いくつかのスポットを巡ります。

22256647_859210264244829_7174150089596802373_o.jpg

二本の樹は神の依り代よりしろか。






テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 諏訪 茅野 人間の可能性 心と体 身体感覚 波動 プライベートセッション 個人指導

DATE: CATEGORY:お知らせ
〖 Healthfulness 2017 〜未来の健康をつくる〜 〗↓
http://fufuyamanashi.jp/news/109/

2017年10月15日(日) 10時〜16時

「保健農園ホテル フフ山梨 ~こころとからだのリゾート~ 」にて、出張養生講座を開きます。
 
内側から美しく【 保健・美容気功 Health qigong 講座 】

講師 「 Vital Energy Body Work 山下道場」 代表 : 山下 俊行
HP:https://vital-energy.themedia.jp/

21273109_1651745708200597_4952500960227609453_o.jpg

 

山梨と言えば、目の前に壮大に広がる霊峰「富士山だーっ♪」でしょうが(笑)、
秋深まるクリアで自然な澄んだ空気を味わいながら、呼吸運動を楽しむのも良いでしょう。
 
他にも様々なプログラムがございますから、ぜひご体験ください。


21731756_849140558585133_7033809140155295177_o.jpg






テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : フフ山梨 人間の可能性 心と体 身体感覚 波動 個人指導 プライベートセッション

DATE: CATEGORY:お知らせ
【 限りなく深紅に 】②


「適度な運動と 適度な食事」

昔から健康の基本ですね。

10月30日(月) ・31日(火)

10月20日の土用入りから、11月7日・立冬までの「秋の土用」の期間に、

〖 秋の土用・ボディーワーク と 食養生 〗と称して開催いたします。


おかげさまで毎年、ご好評いただいてます、
合宿フィールドワークと信州・鹿ジビエ「ざんざ亭」とのコラボです。


◎宿泊場所 鹿ジビエと山師料理 

ざんざ亭 http://www.zanzahotel.jp/

南アルプス仙丈ヶ岳の麓、山里にある古民家で、
清潔で行き届いた雰囲気のある素晴らしいお宿です。

皆さんで、囲炉裏を囲んでゆったりと語り合いながら、食事をします。

日常から隔絶された静かな空間で過ごす食事と宿泊の時間は、
参加される皆さまにとって貴重な体験となることでしょう。

秋の土用講座④



人間は緊張とリラックスを一生繰り返す生きものです。

ボディーワークは深い浅いの呼吸の状態、
緊張とリラックスの違いコントラストを把握しやすく、
バランス回復に効果を発揮する整体運動を中心にお伝えします。

四季に応じた身体の状態のスムーズな移り変わりが大切です。

20280458_825643770934812_2693050664289219965_o.jpg



「食欲の秋」

秋は良く食べて身体に皮下脂肪を蓄えて、体温調節のかしこい身体を目指します。

そして身体の中に熱を保持して、
寒さに耐えられる次の冬への身体づくりを目指すのです。



この「土用」という期間ですが、
 
「土」はものを変化させる作用を持ち、
 
「用」とは働きの意が含まれています。
 

 
立春の前18日間が冬の土用、
立夏の前18日間が春の土用となります。
 
そして立秋、立冬の前各18日間が
それぞれ夏の土用、秋の土用です。
 

 
土用の期間は、
 
からだとこころの内と外のエネルギーが
今まで季節に応じて大きく動いてきたなかで、

ふと立ち止まって心と身体を滋養する期間でもあります。

14525133_665318720300652_8131063705896428647_o.jpg



人や場所、
異なる概念を結びつける「風」のエレメント。
 
感受性が豊かであり、
他者への思いやりに溢れる「水」のエレメント。
 

ふたつ合わせて、また「風水」とも申しますが、
 

人のなかにも在る「風」や「水」の要素のケアにも、
影響ある期間でもあります。
 

 
それぞれのエネルギーの機能その働きについては、
 
 
「風」:消化機能セクションであり、
 
体内に取り入れた物質を、いちど分離し、
また同化する働きを持ちます。

 
「水」:排出機能セクションであり、
 
取りこんだ不要なものを肉体外へ、老廃物を排出すること。
 

つまり、消化器系のケアに大きく関係ある期間でもあります。



☯10月30日(月) ・31日(火) 開催
(30日のボディーワークと食事のみの参加も受け付けます)

長野県伊那市 宿泊「ざんざ亭」 ~

31日のフィールドワークは、
かつて1万年以上続いた奇跡のコミュニティ「縄文の風」

古代の原初生命観に触れる体験。
自然信仰・アニミズムの歴史深い諏訪・茅野周辺をご案内いたします。

美しく幻想的な御射鹿池 みしゃかいけ や、
神聖な諏訪大社 前宮の最奥他、いくつかのスポットを巡ります。

*ぬかるんだ場所を歩く可能性もあるので、
フィールドワーク時はスニーカーなど、泥で汚れても良いような靴に履き替えてください。


今回、ガイドをお願いするのは私の友人であり、時空案内人とも呼べる方。

まるで幕末からタイムスリップして来たかのような雰囲気をお持ちの(笑)、
三好 祐司さんです。

20776401_1472565919490316_368368854804189200_o.jpg

日本各地の歴史や土地習俗に詳しく、またプロの写真家でもあります。



・信州の自然を身体いっぱいに体感したい方
・生命観、養生について学びたい方
・身体の内側から活力を生み出したい方
・本来の自分の力を発揮したい方
・ご自分の状態、在りかたを高めていきたい方
・シンプルに既成の概念を超えていきたい方

ぜひご一緒しましょう。



◎日程タイムスケジュール

10月30日(月)

13:00 ボディーワーク (駒ケ根高原・山下道場にて)
16:00 温泉・こまくさの湯(希望者のみ)
18:30 ざんざ亭で食事



10月31日(火)

朝食前に軽く30分ほどボディーワーク

8:30 チェックアウト ~ 諏訪・茅野でのフィールドワークへ

およそ13時頃終了(前後する場合があります)


◎参加費
25,000円

ボディーワーク講習、宿泊、食事(夜、朝)込み
温泉、夕食時の飲み物代、現地までの交通費、二日目のランチ代 別途


*宿泊無し、10月30日参加の方。

駒ケ根高原道場でのボディーワーク講習+ざんざ亭でのお食事

参加費:12,000円


*宿泊無し、10月31日のフィールドワークのみの参加

神域を巡るため、畏敬の念をお持ちの方ならどなたでも歓迎いたします。

参加費:5,000円

朝 9:30 「諏訪大社 上社 前宮」に集合


◎ご予約時点からキャンセル料金が発生しますので、ご承知おきください。
宿、食事のキャンセルはざんざ亭の規定に従い、別途になります。


◎合宿定員8名様( 残席1名様 )


◎交通アクセス

信州・駒ケ根高原 山下道場
 
中央道駒ヶ根インターから車で約3分
新宿、名古屋、大阪、横浜から高速バスで一本です。
(新宿から約3時間半、名古屋から約2時間半)
お迎えの必要な方は、遠慮なくお申し出ください。

食事、宿泊場所 「ざんざ亭」 長野県伊那市長谷杉島1127


◎お問い合わせ、お申込み
Vital Energy Body Work 山下道場 山下 俊行

電話 080-5011-7519
Mail : taitao69@gmail.com (PCからのメールが受け取れるアドレスから送信ください)
又はメールフォームからどうぞ↓
https://ssl.form-mailer.jp/fms/a63ec025530460

*リストメニューは「合宿フィールドワーク」でお願い致します。

みなさまのご参加を心よりお待ち申し上げます。


blogger-image-936552785.jpg







テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : ざんざ亭 鹿ジビエ 食養生 人間の可能性 心と体 波動 土用


copyright © 2018 ☯虎角禅 Vital Energy Body Work all rights reserved.Powered by FC2ブログ