プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
[ 山下俊行 ]

1969年生まれ。

【 Vital Energy Body Work 山下道場 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを
研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな

こころ と からだ をより良くまとめられるよう、

東洋の叡智を結集した身体と心の技術体系です。


からだ の状態をもって こころ の状態を導く


中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや整体・現代型ストレッチなどをとりいれたレッスン内容です。

 
リラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


循環機能するための、ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れるしなやかな強さ…生命根源の力が高まる」


これが主なセッションの目的となります。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:功法紹介

これはあくまで、それぞれ経てきた人生観にとらわれず、

持ち前の先入観なしに、

事実を事実として「観る・観じる」ための訓練です。



ご自分の たましいの自由度、

世界を広げるための訓練といってもいい。




基本訓練“站椿 たんとう”や、

各種瞑想座禅の目づかいでも教えることですが、



瞑想中は

見るというよりも 

ただただ視界に映っている…そういった表現がしっくりくるでしょうか?



初学のうちは、

それっぽくヨガや座禅のようにアグラを組まなくても良いですから、


それは御自宅のダイニングの椅子に座っていても良いです。

ただその際は、しり骨が椅子の手前に乗るていど、


椅子に浅く腰掛け、

それからご自分の背骨を意識して 頭のてっぺんを天井を突き上げる気持ちで、

首に緊張が走らないていどに伸ばします。




肩や胸の力をゆるめ、

気血の通りをよくするために

小脇を少し空け(脇を閉めない)、



おへその奥3センチのあたりを

“なんとなく”意識します。




呼吸は自然呼吸で。


へそで“なんとなく”呼吸をしているような感覚を向けると、

自然と腹式呼吸になって腹おく、

背骨近くの神経節を刺激し、

自律神経が安定してきて こころが鎮まり「平和な状態」になっていくものです。



この体感の“積み重ね”がとても大切です。




そして事実を事実として観る心眼……


そうですね…たとえば夜、キャンドルライトでもいいですし、

日中、花器に挿してある花でも良いです。


ご自分の座っている目線の、

前方よりはやや下方にセッティングします。



目づかいはすだれが落ちるような、

仏像のような半眼で。



環境はとにかく、瞑想中の20分から30分くらいは、

静かに集中できる部屋の状態を確保すること。

始める前に部屋の換気を良くして、

特別暑さを感じないなら、瞑想中はできたら窓を閉める。



部屋が片づけられてるほうが良いことは言うまでもありません。

すっきりした空間は、「気」の通りに影響します。




雑念は浮かんで当然、

浮かぶに任せます(笑)



ただ、ご自分のへその奥と、

観ているものをつなげるような感覚で、

ぼ~っと柔らかく集中して、



ただただ観ること。



眉間にシワが寄るようなカタイ集中力は、

気功・座禅・瞑想には要りません。

美容の大敵ですよ(笑)




観想…見るではなく、

ただただ素直に「観る」ということ。


ただただ視界に映っている…


そこにご自分の経験値からくる想いや

感情を、




瞑想中は意図して持ち込まない。




ただただ「観る」



あ…綺麗なバラの花だなぁ~、とか

どんな香りがするんだろう?…、とか

食べたらおいしいかしらん?(笑)、とか

そういった考え、思考、感情を

瞑想中はいっさい持ち込まない。



良い悪いなどの判断も持ち込まない


自身の経験からくるジャッジをしない





「事実を事実として受け止める」





これは訓練です。

ただただ「観る」ということ




たとえばお近くに、

苦しみ悲しみを抱えた方がいらっしゃるとします。

相手の人生に添うようにして存在することは


自分が渦中のどまんなかに飛び込むことではありません。




ただ「観る」こと。

観守ってあげること。



そこから醸し出されるあなたの安心・安定感が、



結果、自分にも相手にも良いことだったりいたします。





こころとからだのつながり…

それらをくくり直しますと、



本人が本当はどう在りたいのか、

どう生きたいのかなど、

たましいの目的も浮き上がりやすくなるものです。


みなさま、ご参考までにと願います。


ラブアゲイン


ちなみに映画は、「ラブ・アゲイン」という
ダサい邦題がついた(笑)最高のラブコメ映画です。

・・・・・・・・・・・・・・

【 秋の土用・ボディーワーク と 食養生 】↓
http://9512taitao.blog.fc2.com/blog-entry-752.html

18342406_781601552005701_6357635691420275102_n.jpg


☯ Vital Energy Body Work 山下道場
https://vital-energy.themedia.jp/






テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体 身体感覚 身体操作 波動 プライベートセッション

DATE: CATEGORY:功法紹介
私のボディーワーク体系の中心核に据えている
 
「站樁 たんとう」という訓練は、
 
座禅ではなく、立って行う禅道のようでもあるとして、
「立禅 りつぜん」とも呼ばれるものですが、
 

「遠くの方で針が落ちても 耳元で銅鑼(どら)が鳴っても」
 
繊細に外の世界に感覚が開かれ働いている「敏感性」と、
 
たとえ響き渡る大音響においても、必要以上に驚かない「不動性」が、
 
同時性ではなく、「同歩性」・・・同じ歩みで養われて行く「禅」の境地と、
 
 
筋骨格においては主に背面や脇の部分など、
身体自重を支える抗重力筋と、
 
屈筋緊張に支配されにくい、
伸びやかな伸筋 しんきん の全身作用を動員した、
 
全体性の運動バランスの実現を
 
「禅」の境地と共に合わせて成立させていること・・・
 
この辺りが腹はら奥中心に集まり、
また腹はら奥中心から全身肢体に広がる気血エネルギーの、
生命運動のダイナミズムを味わえる、
言葉ではうまく言い表せぬ妙趣といったところです。


☯【 Vital Energy Body Work 山下道場 】
https://vital-energy.themedia.jp/

総持寺






テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体 身体感覚 波動 プライベートセッション 個人指導

DATE: CATEGORY:功法紹介
物事の運行において、それが正しいか 間違っているかの判断基準は、

本人が取り組み続けた「結果」、

それが健全に循環機能しているか 機能していないか、

そこのみである。

ゆえに正しさも無限に有り 間違いもまた無限に有る。


良く会社などの上司やお店の店長から指摘されたときに
〝私は一生懸命やってます!〟、
吹けば飛ぶようなプライドだけ高いまま口答えする者がおりますが、

その上司の経験含めた俯瞰目線で観たときに、
明らかにチーム全体としては機能しておらず、
その会社にとって不利益を生じることが予想されるので指摘するわけです。


視野狭窄とした一生懸命やってると、「真剣に行う」は、

エネルギーの矛先においては天と地ほどの差が生じる。


さて今回は「母趾球 ぼしきゅう」ですが、
足の裏の親指の付け根、別名、まんまボールとも呼ばれる身体の場所ですが、

わたしなどはここを最大支点にして、
小指側とカカトの接地圧は地上と軽く触れる程度、
この辺り気にしながらスッと立つと、

まるで仮面ライダーの変身ベルトのように、
一気にへそ奥の中丹田までエネルギー力が集中・充実する「自然体」と成ります。

足の親指の先で床をかい込むような感覚も動員しますが、

この母趾球と小指側、カカト3点の接地圧の力の集中が、
3点を結んだ足裏のトライアングルの中心である土踏まず辺りに集まると、
足の甲が、山が隆起するように盛り上がり、
足裏のアーチ構造を形成し、

素早く動くタメの瞬間などに宿る足裏の感覚です。


これは私の経験測で物言ってますので、
日常、普通に暮らしているなかで、
この状態をずっと保つ必要はありません。


ちょっとコワイ話しですが、
昔、忍者を捉えるとまず何をしたかですが、
足の親指を切り落としたそうです。
彼らの卓越した身体能力そのものを奪うためです。

そのくらい足の親指側は、
身体を使う機動パフォーマンスの上で重要な場所だと言うことです。


立ちかたひとつでも、意識の使いかたなど、
他にもいろいろ要点はあるのですが、
知りすぎても人は消化不良を起こすので、今回はここまで。


母趾球と最も遠いところにある頭頂部まで繋がって、
スッと立つことが出来たら、

さぁ、君も今日からスーパーヒーロー・スーパーヒロインだっ。
きみたち、後楽園ゆうえんちでボクと握手!(笑)


☯【 Vital Energy Body Work 山下道場 】
https://vital-energy.themedia.jp/

虎







テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 母趾球 人間の可能性 心と体 身体感覚 波動 プライベートセッション 個人指導

DATE: CATEGORY:功法紹介
肘の角度や位置というのは人体工学上においても、とても重要なポイントです。
 
運転しているときのハンドルとの関係、
ゴルフのドライバーや野球のバットを構えた時の関係、
一見、肘から遠く離れているように見えるサッカーのキッキングとの関係など。
 
一般労働ふくめて、身体を駆使するありとあらゆるベストパフォーマンスに影響する大事な要素です。
 

 
構造的に安定していない場所に「肘」があると、
 
いわゆる〝脇が甘い〟状態となり、
 
これは「仕事の質」にも関わることですが、
 
身体的に安定しないばかりか、
心理的にも相手対象からつけこまれる状態を産みやすくなるものです。
 

脇の下は、体液循環の点からも少し開けてある方が望ましく、
脇を閉じ、肘を体幹にあまりつけない方がよろしい。
 

これは「站樁 たんとう Standing zen 禅」の訓練でも要求されることですが、
 
肘先にまで自分の質量・体重がノリ、
そして自在に、
ノッタ質量をコントロールできる強力なパフォーマンスがほしい。
 

これは鉄の意志をも育てるパワートレーニングのひとつですが、
 
プッシュアップよろしく、
両肘先と足先だけで自重を支える体勢を取ると、
 
この体重がノルという感覚は得やすいトレーニングです。
 
体幹もプルプルしながら鍛えられます(笑)
 
腹筋表面の緊張は意識して忘れ、なんとなくヘソの奥を感じながら続けること。
 
呼吸はきつくても詰まらせず、無理に吸ったり吐いたりしない。
 
自然呼吸で行う。
 
30秒 3セット。 Go ‼ (笑)

ねこドライブ


☯【 Vital Energy Body Work 山下道場 】
https://vital-energy.themedia.jp/





テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 心と体 人間の可能性 身体感覚 波動 プライベートセッション 個人指導

DATE: CATEGORY:功法紹介
みなさま、残暑お見舞い申し上げます。
先日の8月7日で「立秋」を迎えましたね。
 
体感的には今年の猛暑のなか、まだまだ夏真っ盛りな感じですが、
たとえばうちの近所の田んぼの稲穂が、日を追うごとにどんどん垂れゆくように、
 
自然やわたしたちの身体も少しずつ、「秋」のからだへと移り行く季節となりました。
 

ちなみに、約20本の稲穂1束から成る お米の数は2千粒だそうです。
ご飯茶碗一杯ぶんが、稲穂1束分となりますね。

 
 
 
☯「秋」…大自然の「気」の五大運動法則では、
 
葉がはらはらと舞い落ちてゆくように、
 
春の強い上昇があり、夏の広がりゆく開放的エネルギーから
 
エネルギーは地球の重力に素直になるように下降傾向となって
 
わたしたちの心も身体も「気が落ち着く」季節となります。
 

 
感情の働きにも影響するひとつとして、
 
“気落ちする”という言葉が昔からありますね。

 
体内臓器のケアとしては「肺・胸」のケアを、
 
一般講座や個人セッション、またこのブログ上でも少しづつ、
スケジュールの合間を縫ってお伝えして参りたいところです。

 

「胸のケア」とは呼吸器のケアに他なりませんが、
 
緊張とリラックスの関係性を、
身体の感覚で学ぶ整体運動にはいろいろな取り組みかたがございます。
 
シンプルな行いかたから突っ込んだケアまで、
これから秋へ向かう季節の訪れとともに、少しずつご紹介して参りたく思います。
 
直接指導にまさるものはありませんが、
Web上ではまた限界もございますが、なるたけ尽力いたします。

 
なぜなら秋は「肺」・・・呼吸器の健康につながりがあり、
 
わたしたち多くの方が普段、帰属ベースにおいて暮らしている
四季のはっきりとした日本、
 
この東アジアの時と空間。
 
 
大自然の動きの一端として、
 
私たちがその動きのリズムを既知として捉えている実践宇宙哲学上においては、

その心理、心の動きに影響するは
 
まさしく秋の心と書いて
 
「愁い うれい・悲しみ」だからです。
 

 
英語圏でも Heartbreak など、
胸の動きに直結した からだことば が御座いますね。

 
「生老病死」…生きていれば誰もが経験・体験し、
そして味わうことになる「悲しみ」

 
 
おそらく喜怒哀楽という人間が味わう感情のなかで、
一番抜けにくい、大きな感情ではないでしょうか。

 
また「悲しみ」というものは「怒り」同様 、
 
純粋昇華すれば、わたしたちを傷つけるだけではない、 
 
「悲しみという力」へと成りゆくものです。
 

悲しみをしっかり味わうことができる方は、
人に優しくそっと添うことも出来る方です。
 

 
未病及び、逆巻く感情が落ち着いたときにでもおすすめできる、
胸のケア運動のひとつに、
 
「両手伸ばし」というものがあります。
 

これは 8月26日㈯ 13:00~ に予定している、
 
「保健・美容気功 Health qigong ヘルスチーゴン講座」でもお伝えする養生運動のひとつです。
 

胸の苦しさ、ぜんそく、空せきなどに対応するものです。

20776711_835645529934636_8406896945105908343_o.jpg
 

行いかたとしては、
まず両手をそれぞれ親指を中に入れた拳の形を作ります。
 
その場でこの拳の形を作ってみると感じると思いますが、
大胸筋・・胸の大きな筋肉の余計な緊張を取るためです。
 

 
まず両手を胸の前に拳を合わせるように置き、
そこからまるで物を引っ張るようにして、
左右両側へと、特に胸の中心の動きに注意をはらいながら、
徐々に広げてゆきます。
 
10回行います。
 
・・・・・・・・・・・・
 
〖 Vital Energy Body Work 山下道場 講習会情報 〗↓
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTfJqOhJqOs
 
・・・・・・・・・・・・
 
またこうしたケアを月1回は安定的に、
定期的に駒ケ根高原の私の道場でもお伝えして参りますが、
 
10月15日㈰ は山梨の、
 
こころとからだのリゾート・保健農園ホテル「フフ山梨」さん
http://fufuyamanashi.jp/
 
当日こちらで行われますセラピーフェスにおいても、
上記のケア内容を中心に出張講座を展開させていただきます。
 
お気軽にお問い合わせください。
 

わかりやすいニーズから、「生命観」に根差した物事の、
普遍的本質へと至るプロセスを
当方では一貫した体系として用意しております。
 
また個人セッションを申込みされる方の状態に合わせた、
完全オーダーメイドによるプライベートレッスンも受け付けております。

20819297_835652096600646_5786773856846091492_o.jpg

 
よろしくお願い申し上げます。
 
☯【 Vital Energy Body Work 山下道場 】
https://vital-energy.themedia.jp/


【 悲しみと 胸のケア 】④

【 悲しみと 胸のケア 】③




テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : プライベートレッスン 呼吸器 人間の可能性 心と体 身体感覚 波動 個人指導


copyright © 2017 ☯ Vital Energy Body Work 山下道場 all rights reserved.Powered by FC2ブログ