プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
[ 山下俊行 ]

1969年生まれ。

【 Vital Energy Body Work 山下道場 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを
研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな

こころ と からだ をより良くまとめられるよう、

東洋の叡智を結集した身体と心の技術体系です。


からだ の状態をもって こころ の状態を導く


中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや整体・現代型ストレッチなどをとりいれたレッスン内容です。

 
リラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れる強さ…生命根源の力を高める」


これが主だったレッスンの目的となります。



関節や心・肺に無理な負担をかけず、

老若男女問わずに、

練習に努めることで「結果」

からだの奥底に眠っている生命力を奮い立たせることを狙うレッスンです。



今まで出会った方々

これから出会う方々へ


貴重なるご縁に

感謝申し上げます。




身体に対する意識を高め

自己否定をしない、内から湧き起こる真の「自信」を育て

深い たましい の道行きを 皆さまと共に歩めたら

そう感じ想いながら日々、活動、
発信させていただいております。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:功法紹介
【 五禽戯 ごきんぎ・猿 】 桃献果(とうけんか)


荘子(紀元前369年 - 紀元前286年と推定)の時代よりの古い気功
【 五禽戯 ごきんぎ・猿 】 桃献果(とうけんか)

☯桃の果を捧げ持つ
https://www.youtube.com/watch?v=TidezSitWQE

本日は上巳(じょうし・じょうみ)の節句、別名で桃の節句、ひな祭りですね。

 
節句の謂われは、
元来は中国の暦での季節の変わり目を言う「節」で、
中国では二十四節気に分けられますが、
 
日本では奇数の重なる日を邪気を払う日として、
いろいろと催しが行われるようになりました。

 
それがいわゆる五節句で、
3月3日・5月5日・7月7日・9月9日、
それから1月7日です。
 

 
桃の節句は平安時代以前からで、
貴族が健康と厄除を願った「上巳の節句」が始まりと伝えられています。

以前、七月の、お寺での七夕にちなんだ舞台イベントでも、
その謂れについて座学としてお話しさせていただきましたが、
 
陰陽五行にしても、そのほとんどが大陸から伝わり、
日本の習俗と融合するようにして平安貴族にもてはやされ、

江戸時代には庶民にまで広がり、
経済的なコストダウンふくめて(笑)より簡略化した形で、
現在のようなイベント然とした形で落ち着いたものとなっています。

 

 
また昔は旧暦を祝いましたから、旧暦の3月3日は、
桃の花が咲く季節であることから、
桃の節句とも呼ばれました。

 
漢方薬効でもある桃の種・・・「桃仁」は
血液の流れを良くするとも云われ、
 
桃の葉は、
昔日はあせもや湿疹のための入浴剤として使われていたそうです。

昔から健康や願掛けに関する行事がたくさん行われてきたのですね。

 
 
節目を意識する・・・祈りとは、
 
「意をのせる」ことでもあります。

 

私のボディーワークのベースの学術体系である「気功養生学」では、
 
座学によって認識を深めることと、
内観(観察と集中)を伴った覚醒運動を導引しますが、
 
行事にしても、
意味・由来を知ることでより意識化がはかられ、
そうすることで願いや祈りの落ちようが、
より深く変わって参ります。

 

 
節句の日は穢れ(けがれ)を祓う(はらう)日です。

 
すべての罪穢れ つみけがれを祓う(はらう)という概念は、

この国の古代よりの自然崇拝・・・
アニミズムから起こった古神道(こしんとう)、
仏教伝来から現在の形に連なる神社神道に独特のものですが、

 
雛人形・・・人形の起こりは「形代 かたしろ」とも呼ばれる、
うつし身。
 
 
紙で作った小さな人の形(形代)を作っては
それに穢れ(けがれ)を移し、

川や海に流して(禊ぎ みそぎ)災厄を祓う祭礼行事・・・
神事(しんじ、かみごと)でした。
 
これは、現在でも「流し雛」という風習として残っているものです。

 
 
禊ぎ(みそぎ)は古来より水をつかうものですが、

川や海に流す・・・いろいろいきさつがあっても
 
「水に流す」とは、ここから来ている言葉であり、

 
また穢れ(けがれ)とは、

生命の根源要素でもある「気」が低下した状態、
 
「気枯れ けがれ」・・・生命力の低下した状態のことであり、

 
罪穢れ(つみけがれ、気枯れ)を祓う(はらう)とは、

その低下した生命力を呼び戻す行為なのです。

 

 
意識化をはかるというのは、
 
例えるなら、
わたしたちの身体うちの基本ソフトウェア、
OS の書き換えとメンテナンスをして、
 
遅く鈍くなってしまった心と体の反応率を上げたり、
 
インナースペースを設けて空き容量を増やすようなものであり、
 

季節の節目にあたって注意をする(意を注ぐ)ことによって、
 
日々の暮らしを丁寧に、気をつけて暮らすようになることです。

 
まさに「気を着ける」・・・気のコーティングですね。

中医学ではこの気のコーティングバリヤーを
 
「衛気 えいき」といいます。

 
この国でも昔から「気を張る」といいますよね。

 
みなさま、うまくまとまりましたでしょうか?(笑)

遅くなりましたが、
みなさま、良き桃の節句をお過ごしくださいませ。
 
・・・・・・・・・・・・・・・
 
☯『 神・心・身 かみとこころとからだ
 魂振るわす鎮魂秘儀と振動活性ボディーワーク 』
 
2017年、魂の観点で生きる方へ
 
深みと高みのある人生をクリエイトしたい方へ
 
〝全て心身クリアな道開きのために〟

奈良・葛木御歳神社にて
 
3月25日(土)・26日(日)
 
詳細は下記リンクからご覧ください ↓
https://onedrive.live.com/?authkey=%21AP%2D10EjbIBcvEkQ&cid=3A84DCD53E4ACF44&id=3A84DCD53E4ACF44%2112096&parId=3A84DCD53E4ACF44%2110530&o=OneUp
 

お問い合わせ先 : https://vital-energy.themedia.jp/pages/493925/page_201603171850


14876453_675792215919969_3375823781154377971_o.jpg





テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 葛木御歳神社 神道 節句 人間の可能性 心と体 身体感覚 波動 宇宙法則 個別指導 個人指導

DATE: CATEGORY:功法紹介
【 攅拳伸臂増気力 さんけんしんひ ぞうきりょく 】

 拳を握り、腕を張り出すと気力が充実する
 
「 内功八段錦 ないこうはちだんきん 」第七の型
 "Eight-section Brocade Exercise"


Full Moon Body Work ①  くしふる神社①


この型において求められる力の質は
( 中国武術では「勁力 けいりょく」といいます )、
 
「撑 とう」・・両腕の丸く張り出す力がポイントです。
 

 
写真のような途中動作のあとの
「定勢 ていせい・極めの型」では、
 
両腕の争力(互いに引き合い拮抗する力)によって
丸い張りが形成され、
 
これが全身に球体のひろがりをもたらし、
同時に
 

足は親指 手は小指
 

手の内(小指の握り)を軽く締めることによって、
 
センター・へそ奥丹田への集中を促すように
感覚を導いてみる。
 

この感覚の導引と、
馬にまたがったような騎馬勢 きばせい による
下半身の充実が一体となって
 

「増気力 ぞうきりょく 気力が増す」を
 
体現できるように成ります。

 

 
眼に神性を宿す「眼神 がんしん」については、
 
「内斂 ないれん」つまり内に引きこむようにして
 
眼の奥と、へそ奥丹田とつながる感覚を導引します。
 

 
この型は、肝臓を中心とした経絡 けいらく
(体内部における気の通り道・内気)を調整する型であり、
 
大地から上がってくる、
春の陽気の強い上昇エネルギーに伴う
 
「 肝気上逆 かんきじょうぎゃく 」逆上するとはこのこと。
 
肝臓の高ぶり・興奮による、顔のほてり、
めまい、のぼせ、不眠状態への調整アプローチとなる型です。
 

 
大地のエネルギー上昇が著しい季節だからこそ、
盤石な建築土台に相当する下半身の
 
根っこの力「根気 こんき」を降ろす。
 
 
腹にたまった宿便、腸内の毒素を出す
排せつ作用をも促進させるものです。


重力図④


・・・・・・・・・・・・・・・
 
☯保健・美容気功 Health qigong 講座
 
2月18日(土)13:00~16:00  長野県駒ケ根市 山下道場
 
保健・美容気功Health qigong について、詳細はこちらをご覧ください ⇩
http://ameblo.jp/vitalenergy21/entry-12220406203.html
 

☯内功八段錦(ないこうはちだんきん)講座 Eight-section Brocade Exercise
 
2月28日(火)10:00~12:00 長野県駒ケ根市 山下道場
 
お問合せ先:https://vital-energy.themedia.jp/pages/493925/page_201603171850 


 
絵の写真は、画才のある生徒さんにいただきました。
受講者の独習用テキストのために撮った写真からですが、
私に似てるというより、ブルース・リー?・・・
わたしはわたしだっ(笑) 


10338395_570365943129264_7064922006351728854_o.jpg  12795335_565275183638340_853716831801779766_n.jpg



テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体 身体感覚 波動 宇宙法則 個別指導 個人指導

DATE: CATEGORY:功法紹介
16300057_727211920777998_7823554926100495182_o.jpg

https://www.youtube.com/watch?v=8-qGvHTRYbo
 
この保健医療運動における構成要素は3つです。

 
☯調心(リラックスした状態での精神集中:入静)
 
☯調息(呼吸が整う)
 
☯調身(姿勢が整う)のおよそ3つの要素で構成されています。



16265793_727217627444094_6283898394749208366_n.jpg

 

この「八段錦 はちだんきん」は、
 
悠久の歴史を誇る、
中国導引術 どういんじゅつ のアルファにしてオメガのような位置づけとなるものですが、
 

時代が変化するなかで、
私は実際的な効果そのものを感じられるかを大切にしており、
30年以上、身体文化を実践・研究を続けていく中で気づいたことなどから、 
 
武術・ヨーガ・日本の整体、神道的な行法に至るまで、
私なりの創意工夫を加えております。


16174675_727217607444096_6716865208115252567_n.jpg
 

 
練習者が一通りマスターして実践を続けるならば、
この優れた保健医療運動は、
 
内臓機能の調整(内功インナーパワー)から、
 
この地球の重力を正しく味方につける、
身体を支える筋骨格レベルの強化まで(外功アウターパワー)、
 
比較的、短期間に練習者を強壮・強健効果に導く力を宿す、
エネルギーエクササイズでもあります。
 

今後も取り組まれる方の心身壮健のために、
広くお伝えして参りたい保健医療運動です。
 
 

☯「神さま と 宇宙 東国三社めぐりとフィールドボディーワーク」の中でも、
 
鹿島・香取の武神の息吹きのなかで、
じっくりとお伝えしたい保健医療運動であります。
 
2017年2月10日(金)11日(土)
http://ameblo.jp/vitalenergy21/entry-12222236664.html


CAXDLTFB.jpg

 
 
広いお部屋でも、ゆったりとした取り組みでボデイーワークを楽しめます。
夜は四季の懐石料理、夕食・朝食ともにお部屋出しです。
 

◎日常では味わえない贅沢なひとときを。
和洋室「雅特別室 」にて
 
和室10畳+6畳 洋室16畳 計92㎡
客室 露天風呂付
 

☯Vital Energy Body Work 山下道場
https://vital-energy.themedia.jp/


CAIHX6AX.jpg

CAT2VAO2.jpg





テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 東国三社 鹿島神宮 神道 人間の可能性 心と体 身体感覚 波動 宇宙法則

DATE: CATEGORY:功法紹介
『 揉丹田 じゅうたんでん 』①


禅宗・臨済宗の中興の祖と称される白隠禅師(1686年 ~ 1769年)の
「禅病」にまつわるエピソードは、
その世界では良く知られたお話しですが、
 
エネルギーワークも良く心得ていないと、
実は「偏差へんさ・副作用」というものがあります。
 

 
訓練や修行によってエネルギーが高まったのは良いですが、
気血エネルギーが上がったまま、そのまま下がらなくなったり、
身体が不自然に揺れ出したり(これを自働運動、フルトランス状態だとして歓迎しているところもあります)、
 
手足が冷えすぎたり、心がフルに働いて眠れない、
幻覚・幻聴、情緒障害など、その現れかたはさまざまです。
 

 
症例が出るほどまで訓練に夢中になれば、
それはそれである意味大したものなのですが(笑)、
 
先の白隠禅師はやり過ぎちゃったのですね。
 
その後、京都山中にいる仙人に、
「内観の秘法」を授かって回復したとありますが、
 
この仙人さんは、どうも中国・神仙道の方のようです。
 
白隠禅師は、
73歳のときに執筆した『 夜船閑話 やせんかんわ 』で、
そうした禅病に関する体験を綴りました。
 

 

「穏やかに始まり 穏やかに終了すること」
 
毎回の訓練において、
特に指導者が参加される方の体質や症状を見定めて、
正しく心得て行っていれば、
 
上のようなエネルギーワークによる副作用は
まず起きないですし、危険に陥ることもありません。
 
実際、私のところでも
そういった事故は過去、起きておりませんし、
 
訓練中も終了時も、
Deep breath 深呼吸によるナビゲート含めて、
うるさいくらいにその鎮めかたを行うものです。
 

 
ここで少し本質的なことを話せば、
あまり自分の病状への執意・こだわりが強すぎる、
また自分の病名を強く訴える方は、
 
エネルギーワークはかなり適してはおりません。
 
 
そうした方が取り組む場合は、実は何でもそうなのですが、
 
一見、純然に取り組んでいるように観えても、
 
心根が目の前で取り組んでいること以外に、
実はどこか遠いところにある・・・
 
この辺りが見定めどころなのですが、

 

 
エネルギーワークというものは練りっぱなし、
 
回しっぱなしは健康上、よろしくないものです。
 
 
その高めた気血エネルギーを正しく収める方法に、
 

「 収功 しゅうこう 」というものがあります。
 
 

 
収功には行いかたが各種あるのですが、
 
そのなかに「揉丹田 じゅうたんでん」というものがあります。
 

 
行いかたはとてもシンプルであり、
 
まず、おへその前で両手のひらを重ねた状態から、
 

へそを中心とし、
 

重ねた手のひらをまず遠心的に、
 
 
さするというよりも、
手のひらの大きい面積分、少し力が分散する押圧を加えながら、
 
徐々に円を大きくしながら回していきます。
 

9回転ほどかけて最大円を描いて行きます。
 


保健気功①  保健気功②



 
☯ポイントはおなかの皮膚一枚下を
 
〝染み入るような感覚を持って〟
 
心の眼で観ることです。
 

 
最大円は下は恥骨の上、上はみぞおちの下まで。
 

 
みぞおちの下まで重ねた手のひらが来たら、
 
 
遠心力の次は、
こんどは地球の中心に還っていくような求心力。
 

 
求心的に徐々に小さく、
 
おなかの上で回していき、
 
最後に おへその上で とめます・・
 

 
・・しばらくおへその奥・・・
 
養生学で位置づけているところの「中丹田」に心を置きながら
 
目をつむり、
 
表面的に動きを停めたあとでも身体の内部で続いている、
 
らせんのパワーを静かに味わいます。
 


『 揉丹田 じゅうたんでん 』②
 

 
遠心力と求心力、
 
女性性と男性性の
陰と陽のバランスを調節する動作でもあり、
 
 
おなか全体、
 
消化器系から泌尿器系のマッサージにもなる動作です。
 

 
腹部の調整は、
 
整体施術でも大事な手技であり、
 
私も来訪者さまの状態によって、施術をすることがあります。
 

そんなときにお相手の内臓さんが、
 
元気よく音を鳴らして応えてくれるものです。
 
自分でおなかを揉んでも、それは起きて参りますよ。
 

 
 
エネルギーワークに限らず、
 
オフィスでも自宅のリビングでも、
 
立って良し、座って良し、
寝て行って良し(ひざは立てます。腹筋がゆるむからです)
 
ふだんのおなかの健康面でも
 
シンプルかつ効果的に行えますので、
 
よろしかったらぜひ取り組まれてみてください♪
 

・・・・・・・・・・・・・・・
 

ひじょうにデイープな(笑)
 
☯『 淡路島・沼島 合宿フィールドワーク 』開催いたします。
  
・11月13日~15日
 
 詳細は下記リンクをご覧ください。
 http://ameblo.jp/univerbook/entry-12210129761.html


img_miryoku_1.jpg
 

 

そしてこれまたディープな(笑)
 
『 みとしの森でボディーワーク 』
 
奈良・葛城御歳神社 かつらぎみとしじんじゃの神域での講座です。
 
なんと!宮司さんも参加されます(笑)
 
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTfJqOhJqOs
 

サロン&カフェ みとしの森で⑤


 
2017年3月には、
 
みとしの神域で、
夜の神秘的な神事と合わせたボディーワークを
東川宮司と企画しております。
 
乞うご期待です♪



【 奈良・葛城御歳神社 かつらぎみとしじんじゃ 】①





テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 葛城御歳神社 生命観 人間の可能性 心と体 波動 宇宙法則 神道 淡路島

DATE: CATEGORY:功法紹介
8uKWbkZ5k7xabVj1464787690_1464787766.jpg


天と地のはざまにて

これは「整体」における身体観、そのとらえかたですが、

一息四脈…一回呼吸をするあいだに、
四回脈を打つのが正常とされています。

 
 
まずは「手当て」の感覚訓練・・・

手のひらを
あっついっというくらいにこすり合わせます。

 
みぎひだりどちらでもかまいません。
 
温めた手のひらの片方を
ご自分のへその表面上に当てます。

 
もう片方は

目の前に手のひらをかざし

手のひらと手指の力を抜いて

こころを静めて

 
手のひらの中央をただ見つめます・・・

しばらくそのまま見つめ続けます・・・
 

 
五感の感覚機能は心澄まされることで安定し、
 
自律神経の安定と、 
内臓機能の回復その関係性の下地が出来上がります。

 
 
こういった「手当て」の感覚訓練を経てから、

オフィスや自宅のリビングのイスの端に腰をかけ、
 
 
軽くあごをひいて うなじはゆるやかに
 
へそ真うらに当たる腰まわりが緊張しない程度に、
 
自身の背骨を立てるようにします・・・
 

 
あたたまった両手のひらを
 
あなたの心臓のあたりに重ねて当て、
 
しばらく目をつむりながらも、
 
耳に聴こえる音・・ひたいやくびすじに当たる大気の流れなど、
外界の変化にも注意をはらいます・・・
 
 

しばらく続けて 心が落ち着いたのち、
 
胸をすっと両手のひらでなでおろしながら、

口の形をやや筒状にして ふーっ・・・と

やや強めに息をはきおろします。

 

ふだん血圧が気になるかたにもおすすめいたします。

 

 
☯「心」・・・心臓経絡けいらくを中心とした、

「心の気 The energy of the heart 」のネットワークを指します。



639133bdf885d96cd6dbf0b3b0b2a5d6.jpg


 
季節に相当するは「夏」

大気エネルギーの運動的には、開放的にひろがりゆくエネルギー。

 
感情の動きに影響するは「喜び」・・・一般に良いとされる感情ですが、

何事もバランス。

 
「心火旺盛」
 
過剰となれば躁状態となり、足元は浮き、

抱える心臓に負担をかけるものです。
 

 
エレメントとしては、
何かの創始者やそれを実践し続ける方、
指導的エネルギーを宿し発揮する太陽パワーに代表される、
火の要素。
 
身体で影響が出やすいのは心臓や背中まわりなど。
 
セルフケアとしては やはり「根気」を降ろすこと。
 


14481743_662093900623134_5524683870333761947_o.jpg


☯腕を張り出し、からだを沈めていくことで心の火をおさめていく
 
【 内功八段錦 ないこうはちだんきん "Eight-section Brocade Exercise" 】 第五段
https://www.youtube.com/watch?v=LetvM_trurc


 

☯火は水を蒸気にし=活性
 
水は火を消し=鎮静
 
土は軽くなりがちな風を重くして、質量をもたらし=安定
 
風は安定し過ぎて 停滞しがちな土をゆるめる=活動
 

 
心の「火」に対して、腎の「水」をもって収める・・

これを経絡治療では「心腎相交しんじんそうこう」と言います。



magical-fire-4-2-s-307x512.jpg
 
 

天地人、

みなさま、良き一日を♪
 

☯【 Vital Energy Body Work 山下道場 】
https://vital-energy.themedia.jp





テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 心臓 経絡 八段錦 人間の可能性 心と体 身体感覚 波動 宇宙法則 個別指導


copyright © 2017 ☯ Vital Energy Body Work 山下道場 all rights reserved.Powered by FC2ブログ